Origin Regression

Single battle

耐久振り珠破壊光線サンダー

こんにちは。

今回は竜王戦環境でよく使っていた、ダイアタック媒体となる破壊光線を採用したサンダーを記録として記事にすることにしました。

実績 S24-2000,S25-2000,

S26-2097,最終4位

 

 

概要

ダイアタックを採用することで不毛な初手珠サンダーミラーで確実に殴り勝つ型。また、初手ダイマをした後にダイマで切り返す動きをダイアタックのS下げによりザシアンと合わせて無傷で破壊する。

 

調整

 

f:id:mega-salamance:20220122020202p:plain

サンダー@命の珠 静電気

控えめ187(172)-*-106(4)-194(252)-111(4)-130(76)

 

暴風 破壊光線 ライジングボルトor雷 @1

 

 

C-特化 

・ダイジェット+ダイサンダー(140)でオーガのしおふき最高乱数切り耐え(197-152)ザシアンを確定で落とす(199〜)

ダイアタック+ダイサンダー(140)で相手に珠ダメなくても330-110サンダーを確定で落とす

・ダイアタック+巨獣斬で相手のダイマエースのほとんどを上から縛る(目安:無降りサンダーを余裕で落とせる)

 

HD-オーガサンダー黒バド意識

スカーフカイオーガにダイジェットを打ったときに、ダイジェット最低ダメージでも、雨しおふき×2+珠ダメ×2を13/16耐え

・珠ダメ×2+HBサンダーのボルチェン+スカーフカイオーガの雨しおふき確定耐え

・珠ダメ+控えめ雫カイオーガの雨ダイストリームを15/16耐え

珠ダメ×2+砂ダメ×1+控えめ珠サンダーのダイジェット+ダイロックを245/256耐え

・珠ダメ×2+控えめ黒バドのアストラルビット×2が3.13%の乱数2発(スカーフ黒バドにほぼ勝てる)

・臆病眼鏡レジエレキのトランジスタ10万ボルトを確定耐え

・169+1ウツロイドのメテオビームをダイマで確定耐え

 

HB-物理ダイマとの打ち合い、襷への耐性

珠ダメ×2+意地珠カイリューのダイジェット+ダイドラグーンを250/256耐え(対面最低相打ちか負ける場合は一回もジェットさせない),珠ダメ×3だと158/256耐え(こちらだけ残るパターン)

・珠ダメ+意地マンムーつららばり4発+礫ほぼ耐え(5発当たらなれば相打ちにはなる)、珠ダメ×2+氷柱落とし+礫確定耐え(急所以外勝ち)

・珠ダメ+陽気ランドの珠ジェットロックを131/256耐え

(最悪の保険)

•珠ダメ×2+陽気ゼクロムの+1珠ダイサンダー(140)を13/16耐え

 

S-+1で準速ドラパルト抜き

準速ネクロ抜き

 

 

太字でが特に重要で、耐久に振ると控えめのデメリットであるスカーフカイオーガを+1で抜けないところも解消することが出来るし、珠アタッカー同士の打ち合いでかなり強くなる。

 

 

 

技構成

暴風

→サンダーをサンダーたらしめる技であり、説明不要で必須。

破壊光線

→今回のコンセプト。ダイアタックとしても高打点としても強い。

電気技

ダイマ時の火力を求めるならライジングボルトや雷が強いが、対ドヒドイデや対HBサンダー、対サイクルを考えると10万ボルトやボルチェンもあり。

 

ここまでが確定枠

@1は

熱風→貴重な炎打点、対ナットレイ

原子の力→控えめ珠ロックでHBサンダーを倒す

羽休め→ウォ―ル媒体、サイクル意識、耐久振りが活きる

電磁波→ウォ―ル媒体、ダイマが切れた後のダイアタック代わり

 

あたりから選択。

 

仮想的

vsサンダー f:id:mega-salamance:20211213074519p:plain

控えめ珠サンダーのダイジェット+ダイロックをスリップダメージまで(珠2砂1)耐えて、ダイアタック+ダイサンダーで落とせるので、生存して勝利。また、ダイアタックを打っているのでサンダー→ランドロス引きなどダイサンダー読みの行動にも、サンダー→ゼクロム(ヒトム)引きなどダイジェット読みの行動にも多くの場合に一貫する。

 

vsカイリュー f:id:mega-salamance:20211213083548p:plain

意地珠カイリューのダイジェット+ダイドラグーンをスリップダメージまで(珠2)耐えて、ダイジェット×3で落とす。ダイジェットを打ってこない場合(ダイドラグーン連打など)は対面は負けるが、Sを上げさせない。よって、相打ち以上またはSを上げさせない

 

vsカイオーガ f:id:mega-salamance:20211213083421p:plain

控えめのデメリットとしてはかなり大きいスカーフカイオーガを抜けないことだが、思い切ってSを大きく下げて耐久に降ることで、ダイジェットを打った場合にもしおふき×2をスリップダメージまで(珠2)耐えるので、スカーフの場合でも生存して勝利する事が出来る。さらに、控えめ珠以外の火力アップアイテムを持ったカイオーガのダイストリームもほぼ耐えるので総合的に見ると、臆病より安定すると思う。



ポケモン f:id:mega-salamance:20220122024833p:plainf:id:mega-salamance:20211213080322p:plainf:id:mega-salamance:20211213075035p:plain

どんな振り方をしてもダイジェットをするため耐久振りが活きて、CS珠サンダーを想定した縛りをずらすことが出来る。

 

ダイマ切り返しを防ぐ f:id:mega-salamance:20211213080510p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211213083053p:plain

ダイアタックを打つことで、ダイマでSを上げながら切り返す動きを防ぐことで有利に試合を運ぶことが出来る。

 

対電気タイプ f:id:mega-salamance:20211204015019p:plainf:id:mega-salamance:20211213080429p:plainf:id:mega-salamance:20211213080112p:plain

単純にダイアタックが相手視点見えない最大打点になり、誘い殺しが出来る。

 

 

 

 

相性が良いポケモン

ザシアン f:id:mega-salamance:20211213083246p:plain

ダイアタックと合わせてダイマを縛る性能が一番高い上、サンダー+ザシアンで物理と特殊の棲み分けになり、攻めの相性も良い。

 

 

 

おまけ 破壊光線が上手く活きた試合の動画

参考までに

youtu.be

 

 

 

 

 

【供養】ザシナマコドサイ

 

前書き

こんにちは

今回は、前期使っていたザシアン構築の軸を紹介します

並び↓

f:id:mega-salamance:20220103001100p:plain

 

レンタル

f:id:mega-salamance:20220102235730j:plain



ザシアン軸にナマコブシドサイドンを入れる利点

ザシアンを使う際に、「カバルドンラグラージのあくび展開」「型の分からないサンダーとエースバーン」「ザシアンのミラー対決」「メタモン」で困ることが多く、既存のザシアン軸の並びではそれらを3体の選出での安定行動で対処するのは難しかったが、ナマコブシドサイドンを入れることで解消することが出来る。

 

型紹介

f:id:mega-salamance:20220102225413g:plain

ナマコブシ@食べ残し 天然

吞気162(252)-*-200(252)-*-151(4)-21(S個体値29)

自己再生 水浸し 毒々 バトンタッチ

 

HB-陽気ザシアンのワイルドボルトを食べ残し込み16.02%の乱数2発

ステロ+意地エースバーンの飛び膝蹴り確定2耐え

HD-無降りサンダーのボルチェンが再生連打で食べ残し込み最大で削られるダメージが急所非考慮で1

S-最遅ナットレイ抜かれ(抜かれさえしてればなんでもOK)

 

ザシアンをはじめとする物理アタッカーに投げたかったのでHB特化。

f:id:mega-salamance:20220102230236g:plain

ドサイドン@カゴのみ ハードロック

意地221(244)-176-154(28)-*-105(236)-60

地震 ロックブラスト ステルスロック 眠る

 

A-199-136ザシアンをダイアースで12/16で落とす

HB-特化ザシアンの巨獣斬を9/16で耐える

HD-特化サンダーの珠ダイジェットが1.95%の乱数2発

 

サンダーザシアンに投げやすい調整、安定行動でアドバンテージを取れる技構成。

眠るはナマコブシとサイクルの色を合わせるのに必要。

 

f:id:mega-salamance:20210529194757j:plain

ザシアン@朽ちた剣 不撓の剣

191(188)-242(236)-135-*-135-179(84)

巨獣斬 インファイト サイコファング 電光石火

 

H-地震と黒バド意識で出来るだけ高く

A-相手のHAザシアンをナマコブシへのワイボ反動ダメージ二回+巨獣斬でほぼ落とせる(43+153~=196~)

ステロ+巨獣斬+サイコファングで197-150サンダーが252/256で落ちる

S-遅いザシアン(=意地ザシアン)をほぼ抜ける+催眠ゲンガー抜き

 

サンダーに打ちたいじゃれつくが構築的に必要がなかったので、メタモンに困らないかつサイクルを破壊しやすい+打ち合いに強い構成にした。

 

 

想定していた処理ルート

あくびループf:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211213075523p:plain

毒々や巨獣斬などで削りを入れつつ、あくびループに嵌められたらf:id:mega-salamance:20220102232612p:plain後攻バトンタッチでループを抜けて起点回避していく。

 

サンダーf:id:mega-salamance:20211213074519p:plain

f:id:mega-salamance:20220102232634p:plainを投げて止めつつステロを撒く。ステロを撒くことで裏の襷を潰しつつCSダイマサンダーをf:id:mega-salamance:20211213083246p:plainの巨獣斬+電光石火で縛り、裏の襷までケアして貫く。HBの場合もステロ+巨獣斬+サイコファングでほぼ落ちるのでサイクルの中で命中安定技で縛っていくことが出来る。

 

エースバーンf:id:mega-salamance:20211213080322p:plain

ザシアン対面を作らないように立ち回る。もし出来てしまった場合は相手の行動が「かえんボール,キョダイカキュウ」または「ダイジェット」なので、f:id:mega-salamance:20220102232634p:plainを投げて型の確認をして珠ならダイマを使用して、珠以外ならf:id:mega-salamance:20220102232612p:plainを投げることでザシアンの石火と合わせて詰めていく。

ザシアンf:id:mega-salamance:20211213083246p:plain

陽気は抜かれているがワイルドボルト持ちでもナマコブシが良い乱数で受かる。それも、ザシアンとドサイドンワイルドボルトを打たれない場合は乱数勝負にもならないので崩されることはほとんどないので比較的余裕で勝てる。意地の場合は、ナマコブシが交代読みワイルドボルトを受けた場合に落ちてしまうが、反動+巨獣斬で上から縛ることが出来る。意地は抜ける前提で立ち回っていた(これ以上HAを落とすとかなり弊害が出るから対戦相手を信じて切った)。

 

メタモンf:id:mega-salamance:20211213083214p:plain

ザシアンがコピーされてもワイルドボルトが無い+天然なので2連急所以外で崩されるなど以外でナマコブシが死なない。当然だが、襷もケアした。

 

結果

TN バンビー レート2044(写真に残っている記録のみ),2ロム2000
f:id:mega-salamance:20220102235901j:image

軸or構築が同じ他者を加えると6ロム2000

 

後書き

前期この並びをベースとしたザシアン軸を2050前後まで使用しました。ザシアンは単純なスペックとしては最強なものの、余りにも理不尽な負け方が多かったので最終的には使いませんでした。ですが、メタモンやあくびループとの不毛な対決を避けることが出来るという点でかなり使いやすかったです。良ければ使ってみてください。

冠環境では苦手意識のあったナマコブシですが、使っているうちに愛着が湧きました、可愛い。

ここまで閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバルドンとラグラージ比較

こんにちは


カバルドンラグラージの採用及び対策を考えるときに違いがまとめてあると分かりやすいと思いましたが、そういう記事が見当たらなかったので、自分でまとめてみることにしました。

 

f:id:mega-salamance:20211202010804g:plainf:id:mega-salamance:20211212034651g:plain

 

 

基本データ      f:id:mega-salamance:20211202015435p:plain         f:id:mega-salamance:20211212035529p:plain

種類と体重    

                      じゅうりょうポケモンカバルドン ぬまうおポケモンラグラージ

                           300.0kg(草結び威力120)    81.9kg(草結び威力80) 

タイプ         

タイプ          地面          水地面

無効           電気           電気

半減           岩,毒         ,,岩,毒

2倍弱点         ,草,氷          なし

4倍弱点          なし               草

種族値

A種族値               112                                      110

最大物理耐久指数(H×B)   40205              32292

最大特殊耐久指数(H×D)        29240                                   32292

S種族値                                    47                                          60

特性

            砂起こし        激流,湿り気

技の違い

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainだけが覚える重要な技

吹き飛ばし(吠える) 怠ける 地割れ

f:id:mega-salamance:20211212035529p:plainだけが覚える重要な技

クイックターン カウンター ミラーコート 

 

これらを踏まえてそれぞれのメリットとデメリットをまとめていきます。

 

 

 

 

 

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainカバルドンの強み

  • 4倍弱点が無い+一発耐える性能

4倍弱点が無い、つまり出落ちしにくいので、初手に置いて最低限仕事をするのに適している。特にホウオウリザードンバシャーモラプラスあたりがいても出せるのが大きい。HDに降ることでBDどちらも硬くなり、f:id:mega-salamance:20211204013806p:plainホウオウラプラスダイマ攻撃を必ず耐えれることと噛み合っている。

  • Aが高い

少しの差だが、砂込みだとかなりの差になり、ドヒドイデf:id:mega-salamance:20211102105604p:plain突破しやすい。

  • 物理耐久の最大値が高い

どちらも特化したときの物理耐久はカバルドンの方がかなり高い。これによって、特にエースバーンに対する強さが変わりHBオボンラグラージは意地珠ジェット+アタックなどで落ちてしまうが、HBオボンカバルドンは同アタック+カキュウorカキュウ+カキュウを耐えるので、後出しから流すことが出来る

  • 砂起こしが強すぎる

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainの特性の砂起こしによりスリップダメージを入れれるのがとても大きい。特に、

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plainエースバーンなど砂ダメが効く+襷が強いポケモンへの立ち回りのしやすさやヌケニンの処理のしやすさが変わる。また、カイオーガキュウコン氷妖などの天候特性のポケモンの天候を書き換えてサイクルがしやすくなったり、襷を潰すことが出来るのも強い。

さらに、ドリュウズウオノラゴンなどの砂かきエースとの組み合わせも強力で、襷をケアしつつ高速高火力で殴り、制圧していける。

  • 吹き飛ばしによる起点回避

カバルドンカバルドンたらしめる技。身代わりや積みをリセットすることが出来てとても優秀な技。この技があることにより、サンダー電ランドロス霊f:id:mega-salamance:20211102105804p:plainジガルデの身代わりが対策にならない。またf:id:mega-salamance:20211102105604p:plainピクシー,バタフリーなどの嵌め性能の高いポケモンにもかなり立ち回りがし

やすい。そもそもステロと吹き飛ばしの相性が抜群なのも強い。

  • 怠けるの回復

これによりエースバーンウーラオス悪ミミッキュによる役割集中を解決したり、アッキ+怠けるやダイアース

+怠けるの詰ませが出来る。また、エースバーンカイリューのラムダイマをあくび→怠ける→あくびと

動けばラムを消費させてからあくびを入れることが出来る。

冠環境では、エースバーンウオノラゴンのような対面構築に対してナットレイサンダーと合わせて余裕勝ち出来るカバサンダーナットというサイクル構築が結果を出していた。

 

 

 

 

 

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainカバルドンの弱み

  • 水と氷が抜群

カプ・レヒレウオノラゴンなどの水タイプやヒヒダルマ氷などの氷タイプにどうしても弱くなってしまう。特に、

 

ウオノラゴンはほぼ確実にワンパンされてしまうので、選出しようとすると裏でケアするか初手

に投げれないかの嫌な選択を押し付けられてしまう。

 

 

 

 

 

f:id:mega-salamance:20211212035529p:plainラグラージの強み

カバルドンのときは基本データの順番で紹介したが、ラグラージの場合はこのメリットが抜けすぎているので一番目に上げた。「ダメージを与えながら」「後攻で対面操作をする」という要素が本当にあり得ないほど強い。特に、ザシアンやスカーフカイオーガのように上から縛る性能の高いポケモンと合わせると化けて、襷・ラム・挑発・交代をケアしながら確実に有利対面を作るという他では実現不可能な強い動きを可能にする。カバルドンがダメージを与えられながら吹き飛ばしでケアするのに対してのこれだから違いすぎる。

また、あくびステロとも相性が良く、あくびステロにはまった相手が眠らせて来そうなタイミングでクイックターンを打つことで「交代してこなかったら眠ったタイミングで襷をケアしつつこちらの好きなポケモンを出せる」「交代してきたら、ステロとクイックターンのダメージを与えつつ有利対面を作る」と低いリスクで最高のリターンを狙うことが出来る。

さらに、相手の身代わりを割ったりf:id:mega-salamance:20211202015435p:plainのあくびループを抜けたり激流クイックターンで火力を出すなど立ち回りでの爆発力が高い。

カバルドンと比べてエースバーンミミッキュカイリューランドロス霊ファイヤー悪ホルードあたりに特に立ち回りやすい。

  • 炎・鋼半減

カバルドンと違い水があるので炎鋼半減なのが大きい。具体的にf:id:mega-salamance:20211204013733p:plainの巨獣斬やエースバーンのかえんボールに耐性があったりロトム炎ヒードランに強い。

  • 4つ目の技のカスタマイズ性能

ステロ,あくび,クイックターンを確定としたときにカバルドンと違い怠けるや吹き飛ばしがないので基本的に技スぺが余る。ここに入る技がかなり強く、守るは「ダイマ枯らし+食べ残しと合わせた体力管理」カウンターとミラーコートは「あくびループにはまるのを嫌い高火力で殴ってくるところに打ち数的有利を取る」サブウェポンは「身代わりが割れないと思っている相手の身代わりを割ったり思わぬ打点になる」といった強い動きを構築や環境に合わせて取り入れることが出来る。吹き飛ばしや怠けるも強いが、これらも上手く使えば試合を変えるスペックがあるので工夫次第で劣らない技となる。

また、これらの技が広く認知されてることから、例えば守るがなくても「守る読みで交代してくる」といったスリードを自然に誘うことも可能。

 

 

f:id:mega-salamance:20211212035529p:plainラグラージの弱み

  • 草4倍弱点

これのせいで、ホウオウリザードンなどのダイソウゲン勢に初手あくびが安定しないため、難しくなってしまう。

  • 吹き飛ばし(吠える)が無い

これのせいで、有象無象の身代わりに弱いため、構築でのケアが必要になる。

 

 

 

 

まとめ

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainカバルドンのが強く出れるポケモン

f:id:mega-salamance:20211204013806p:plainホウオウリザードンバシャーモサンダー電f:id:mega-salamance:20211202015616p:plainドラパルトムゲンダイナジガルデf:id:mega-salamance:20211102105804p:plainf:id:mega-salamance:20211102105604p:plainドヒドイデヌケニンバタフリーピクシーラプラスキュウコン氷妖

 

草・フリドラ勢,身代わり持ち,害悪,ヌケニンetc

 

f:id:mega-salamance:20211212035529p:plainラグラージの方が強く出れるポケモン

f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainランドロス霊ホルードカイリューファイヤー悪f:id:mega-salamance:20211204013733p:plainミミッキュウーラオス悪ロトム炎ヒードランカプ・レヒレウオノラゴンヒヒダルマ氷

 

地面,草技無い炎,水,ヒヒダルマ,挑発持ち,襷orラム持ちetc

 

最後に

何か追記した方が良さそうなことがあれば

@Porygon__X

のDMや記事のコメントまでお願いします。

 

【S24最終2028-31位】無限バドドヒド

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS24で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!


f:id:mega-salamance:20211202011720j:image

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

宿り木、毒びしなどの定数ダメージと守るを駆使して相手のアタッカーを削りつつダイマを弱く使わせてダイマの出来るスカーフメタモンで止めて裏まで破壊する

不利禁伝にも勝ち筋を作る

構築経緯

禁止伝説のダメージ計算を適当にしていた時に、HD食べ残し白バドレックスがサンダー入りにとても強いことが分かったので禁止伝説枠として採用。

次に、ウーラノラゴンザシアンサンダーラプラスのような圧力の高いザシアン軸に対して選出が安定するように、また、有利禁伝に余裕が生まれるように白バドと合わせて一般枠のほとんどを処理出来るHBドヒドイデスカーフメタモンを採用し、バドドヒドメタモンを基本選出とした。

ここまでで厳しいのが

イベルタル軸とメタモンが一貫しないザシアン軸(ザシアンヌオー)でザシアンがドヒドイデに打点を持っているパターンだったので、それらに一貫する最速襷電磁波霊獣ボルトロス+珠飛び跳ねるエースバーンを採用。

最後に、ゴースト(黒バド)の一貫を切れて白バドと釣り関係になるHCポリゴン2を採用した。

 

この並びで最終日に潜っていたところ

ランドロス+ネクロ(ディアルガ)がきつい

②相手のドヒドイデスイクンが面倒

③黒バドはポリゴン2がいなくてもメタモンやエースバーンで頑張れば勝てる

と感じたので、最終的にシーズン終了間際の朝の8時20分に霊獣ボルトロス波乗りエレザード

ポリゴン2カバルドン

に変更してこれで最後まで戦った。

レンタル

f:id:mega-salamance:20211202001825j:image

個体紹介

f:id:mega-salamance:20211201200508j:plain

白バドレックス@食べ残し 人馬一体

慎重193(140)-186(4)-171(4)-*-200(252)-84(108)

リザードランス 宿り木 身代わり 守る

 

H-16*12+1

A-珠ダメ2回+霰ダメ2回+ダイアイスで無降りダイマサンダーを確定(霰1だと13/16)で落とす

197-143サンダーをブリザードランスで14/16で落とす
HB-意地悪ウーラオスの暗黒強打確定耐え

意地珠ランドロスのダイロック確定耐え

陽気鉢巻悪ウーラオスの暗黒強打+意地ランドロスのダイロックをダイマ、残飯2回込みほぼ耐える

4振りテッカグヤのヘビボンを身代わりが確定耐え

HD-サンダー意識の特化 

控えめ珠ダイロック×2を後出し→ダイマで急所以外確定で耐える

177サンダーのボルチェンを身代わりが確定耐え

控えめ珠イベルの悪の波動確定耐え

控えめカイオーガをどくびし+宿り木+守るで完封出来る(追加効果引かなければ)程度

S-麻痺最速100族抜き

 

神。見た目がとても好み。

ここまでの高耐久で宿り木+守る+身代わりを持つことで、「不利相性の禁止伝説を嵌める」というありえないことが起こる。また、基本的に「白バドは有限」と思われているので(何故か最終日はやどりぎが読まれがちだった)有利なポケモンに繰り出してやどりぎをしているだけで相手から見えないサイクルが形成出来て、それだけで強い。

HDをここまで伸ばすことで環境に一番多いであろう「サンダー」の全ての型に有利展開を取れるのが一番の強み。

守るはダイマ択の緩和+HP管理、嵌めに使えて身代わりは嵌めに使えてとても使いやすかった。

高耐久とダイマが相性が良いのはもちろんだが、「ダイアイス」によりカイオーガとの打ち合いで雨を張り替えて余裕が出来たり、相手のダイロックや砂おこしの砂を消しつつ食べ残しで回復する、襷潰しが出来るのが地味だがとても強い。

リザードランスの火力がA無振りでもめちゃくちゃ出るのが強いが、全て勝てたもののジガルデに対面身代わりされるのが少し面倒なのとppが少ないのでやどみがまも@1の枠は一考の余地あり。

 

f:id:mega-salamance:20210301104157g:plain

ドヒドイデ@黒いヘドロ 再生力

図太い157(252)-*-220(220)-73-167(36)-55

トーチカ どくびし 熱湯 自己再生

 

HB-11n最大

HD-スカーフカイオーガの潮吹きをヘドロトーチカ込みほぼ耐え

 

最強ポケモン

いつも通り「無限」でどこまでいってもプレイングでまくれるのが良かった。ヌオーより優れているのは半減の多さと再生力と技の強さ。

毒びしをオーガ軸に巻くことでしおふきの火力が下がり、白バドで嵌めることが出来る。このおかげでオーガには運が絡まなければ全て勝てた。

 

f:id:mega-salamance:20211001104955p:plain

メタモン@こだわりスカーフ 変わり者

 陽気155(252)-*-68-*-69(4)-110(252)

へんしん

 

H-ぶっぱ

S-スカーフ判定意識の最速

 

無限ポケモン2。

プレイングを極めることで神になれるので、もっと上手くなりたいと思わせてくれるポケモン。上手く使うことで1体のポケモンとは思えない程のパワーを出すことが出来る(例:相手の展開要因をコピーして展開をしてから自身を通す等)。

悪ウーラの一貫を切れるのが偉い。

f:id:mega-salamance:20211202005508j:plain

エースバーン@いのちのたま リベロ

意地155-184(252)-95-*-96(4)-171(252)

不意打ち 飛び跳ねる とびひざげり かえんボール

 

A-特化

ダイナックル+ダイジェットでカバルドンをほぼ落とす

S-ぶっぱ

B<D

 

神2。

今期はかなり当ててくれた気がする。

受からないのに、襷もケアさせれる=対面ポケモンで処理しにくるのが強い。

不意打ちを持つと、ダイマ時orアタッカー黒バドへの打点になるのはもちろんだが、先制技かつ命中安定技を持つだけで有象無象への勝率が上がるのが強い。

 

f:id:mega-salamance:20211202010652g:plain

エレザード@気合いの襷 乾燥肌

臆病137-*-72-161(252)-115(4)-177(252)

10万ボルト ボルチェン 波乗り へびにらみ

 

ウーライベル意識の最速CS

 

最終日投入ポケモン1。

襷バレするのが弱い。しかし、ランドを見ても出せるのが偉いと思っている(あまり回してないので確信は持てないが)。

イベル軸やネクロ軸に対して麻痺+ボルチェンが刺さる。

ノーマルが入ってるのも少し偉い。

 

f:id:mega-salamance:20211202010804g:plain

カバルドン@達人の帯 すなおこし

183-180(252)-138-*-93(4)-99(252)

地震 ストーンエッジ 馬鹿力 雷の牙

 

A-ぶっぱ 砂ダメ込みでHBドヒドイデを13/16で落とす

ダイロックで無降りダイマホウオウ確定

ダイサンダーで無降りレヒレ確定

ダイアースがHBネクロに60.3%~

S-無降りネクロ+2,環境の全てのラッキーを抜ける

 

最終日投入ポケモン2。

ドヒドイデが面倒すぎてしょうがなく構築に入れた(白バドのダイサイコ持っと増えてほしかった)。ついでに少し重そうなホウオウを破壊出来そうな雰囲気がある。

ラッキーに上を取られて嫌になった+HBネクロを抜けることが判明したのでSぶっぱに途中で変更したが、その後はS振りが活きる相手と当たらなかった。

電気の一貫が切れてるのが偉い。

 

途中まで採用していたポケモン

f:id:mega-salamance:20211203002851g:plain

霊獣ボルトロス@気合いの襷 蓄電

155(4)-*-90-197(252)-100-168(252)

10万ボルト ボルチェン 草結び 電磁波

 

イベル意識最速CSぶっぱ

 

エレザード枠に元々入ってた。

ほとんどこのポケモンで回していたが、草結びがあることによりラグラージを見ても初手に置きやすいことと、Cが高いおかげでサンダーに強めなこと、電気と地面の一貫を切れるのが強かった。

 

 

要点

削りサイクル+スカーフメタモン

f:id:mega-salamance:20211202015600p:plainf:id:mega-salamance:20211202015608p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain

白バド+ドヒドイデの高耐久の宿り木毒びしの高い誤魔化し性能で相手を削ってから、これを突破してくる高火力アタッカーをメタモンで止めてそのまま通していく。

破壊+TOD

f:id:mega-salamance:20211202015616p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain+f:id:mega-salamance:20211202015600p:plainf:id:mega-salamance:20211202015608p:plain

エースバーンやメタモンで無理矢理数的有利を取ってから、白バドやドヒドイデで判定勝ちを狙うことができる。

不利禁伝へのメタ張り

f:id:mega-salamance:20211202015543p:plainf:id:mega-salamance:20211202015435p:plain

鋼禁伝とイベルタルに対して構築単位で刺さりやすいエレザードカバルドンを採用し、プレイングと運込みで勝てるようにした。

 

 

選出

相性五分以上の禁伝

→ほぼf:id:mega-salamance:20211202015600p:plainf:id:mega-salamance:20211202015608p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain

基本選出が一般枠の大体で困らないので、相性五分以上の禁伝構築に対しては、基本選出をする。

ザシアン

f:id:mega-salamance:20211202015608p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain+f:id:mega-salamance:20211202015600p:plainorf:id:mega-salamance:20211202015616p:plain

ドヒドの毒びしからメタモンで圧をかけたり、ドヒドでの詰ませで勝ちに行く

 

イベル

f:id:mega-salamance:20211202015543p:plainf:id:mega-salamance:20211202015600p:plain+f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainorf:id:mega-salamance:20211202015616p:plain

イベルのダイマをザードのへびにらみで止めて白バドを展開する

 

日ネク

f:id:mega-salamance:20211202015543p:plainf:id:mega-salamance:20211202015600p:plain+f:id:mega-salamance:20211202015435p:plainorf:id:mega-salamance:20211202015616p:plain

ザードのへびにらみ+やどみがで嵌める

 

ディアルガ

f:id:mega-salamance:20211202015543p:plainf:id:mega-salamance:20211202015600p:plain@1

ザードのへびにらみ+やどみがで嵌める

 

 

重いポケモン

偉い不利禁伝

へびにらみという直接的な妨害で対策しているので、不利禁伝を偉く使われるのがシンプルに一番きつかった。もう少し間接的に(=サイクルで)崩した方が良かったと思う。

 

 

結果

 

TN Thrash 最終2028-31位 85-41 

f:id:mega-salamance:20211202001843j:image

 

TN ゆうき 最終2016-46位 83-27

f:id:mega-salamance:20211202001850j:image

最後に

軸は強かったけど構築としての強さは微妙でもっと自信を持って潜りたかったので、このルールをより理解したいと思いました。とはいえ、最終日付近に普通に予定があった割には頑張れたので、このエネルギーを暇そうな来期にまた発揮して戦います。

ここまでで閲覧ありがとうございました。

 

最終日動画

最終日の対戦です。あまり他の構築でないような勝ち筋を掴んだりしてるので良かったらみてみてください。

www.youtube.com

 

【S23最終2124-6位】ムゲンカグヤ結

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS23で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

f:id:mega-salamance:20211101114901j:image

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

•対面操作からの眼鏡ムゲンダイナの押し付けサイクル

•運込みでいいので出来るだけ全対応する(=特定の構築、ポケモンを切らない)

 

構築経緯

序盤に色々なレンタルを使ってみて眼鏡ムゲンダイナがサイクル破壊出来て行動保証があるのがとても使いやすく感じたので、これを構築の軸とした。

次に、このムゲンダイナが厳しいザシアンとガブリアスヒードランに強いという点で相性が良いゴツメヌオーを採用した。

この2体では、竜(ムゲンダイナ、ドラパルト、逆鱗ガブリアス)と地面(草結びor鉢巻ランドロス、鉢巻ガブリアス)、エスパー(テテフ等)が一貫してしまっているので、それらが多く含まれている並びに選出択にならないよう一体で無理矢理誤魔化せる残飯宿り木テッカグヤを入れた。

ここまでれいびオーガや拘らないアタッカームゲンダイナと黒バド等の特殊アタッカー全般が厳しかったので、それらに対して後投げから場をコントロール出来る歌うステロラッキーを採用した。

また、ヒヒダルマヒードラン+ヌオー受けが重いので、そこをムゲンダイナと合わせて破壊出来るスカーフ水ウーラオスを採用した。

最後に、ここまでできつくてめちゃくちゃ増えていた黒バド、ゼルネ軸とポットデス入りに強めなメタモンを採用した。

構築が完成。

途中までは、メタモン枠がチョッキゴリランダーだったが、ウーラオスと止まる相手が被り気味なのと黒バド軸にいまいち勝てないのが弱かったのでそこだけ変更した。また、シーズン最初の方はウーラオスがスカーフエースバーンだったが、ヒードランが重かったのでウーラオスに変えた。

 

レンタル

f:id:mega-salamance:20211101091305j:plain

 

個体紹介

 

f:id:mega-salamance:20210901095836p:plain

ムゲンダイナ@拘り眼鏡 プレッシャー

控えめ223(60)-*-116(4)-211(212)-116(4)-179(228)

ダイマ砲 流星群 ヘド爆 火炎放射

 

HB-陽気スカーフランドロス地震を14/16耐え

HD-臆病黒バドのサイキネ14/16耐え

眼鏡黒バドのアストラルビット15/16耐え

眼鏡カイオーガのれいび13/16耐え 

臆病ムゲンダイナのダイマックス砲14/16耐え

S-最速110族(催眠ゲンガー、HSルギア等)抜き

c-余りで出来るだけ高く

 

 

 

最強宇宙生物、今期のMVP。

対面性能を高めるために、HBDを少し降り耐えたい技を高確率で耐えれるようにした。

見た目が受けっぽいこの構築に出てくる「鉢巻ヒヒダルマゴチルゼルヒードラン」等に見えにくいところから破壊が出来るところが一番強かった。

タイプと種族値が優秀なので、とりあえず投げとけばかなり仕事してくれて使いやすかった。

ムゲンダイナは、ゴチルゼルを呼ぶことと、タイプ相性や数値でクッションを挟みやすいから、それと親和性がある眼鏡で正解だったと思う。

アタッカームゲンダイナのプレッシャーは一見死に特性に見えるが、ザシアンやランドロスのS判定でゲームプランがかなりしやすくなるなど意外と有用。

 

 

f:id:mega-salamance:20211101090710g:plain

テッカグヤ@食べ残し ビーストブースト

穏やか204(252)-*-123-127-166(236)-84(20)

火炎放射 宿り木の種 身代わり 守る

 

H-ラッキーの地球投げを身代わりが耐える

HD-出来るだけ高く(控えめカイオーガの雨しおふき確定耐え)

S-前期の構築記事で気持ち多かった83テッカグヤ抜き(最悪の保険)

 

普通のやどりぎマン。

HDに降ることでテテフ等のエスパーに強くなるだけでなく、ミラーやオーガの誤魔化し枠になる。また、エスパー勢に強くて身代わり守るを持つことで未来予知+ザシアン等に耐性が付く。

火炎放射は、ムドーラッキーやムドートドン等を意識しての採用。ナットレイやミラーにも打てて中々使いやすかったが、ヘビボンじゃないとシンプルに打点が弱くなるので諸説。

宿り木•守る•身代わりは抜けるのに必ずHPをかなり使わせれるのが最強だった。眼鏡ムゲンダイナ+宿り木テッカグヤは、受け破壊性能がすごい。

被弾回数が多く宿り木の命中も考えるとかなり不安定なポケモンではあるので、出さないで済む構築にはあまり出さない方が良いと感じていた。とはいえ当てればめちゃくちゃ強いしかなり活躍してくれた。

 

f:id:mega-salamance:20211101090808g:plain

ヌオー@ゴツゴツメット 天然

腕白202(252)-105-150(252)-*-85-56(4)

地震 グロパン 毒毒 自己再生

 

ザシアンガブ意識HB特化、一応ミラー上から動けた方が得なので4振り

 

普通の沼王。

ザシアンとガブリアスに安定するのはこのポケモンしかいないので、なんだかんだめちゃくちゃ強い。ゴツメ+放射やゴツメ+メタモンの巨獣斬で環境のほぼ全てのザシアンが落ちるので、急所等で崩される最悪なパターンでも勝てることが多かった

グロパンは、ゴチルゼルに勝てるだけでなく、小さくなるラッキーを流す(起点にする)ことが出来てかなり使いやすい。

毒は、交代読みで打てる一番負荷のかかる技として採用したが、シンプルに構築と相性が良かった。

このポケモンを弱いと思い込んでいる人がかなり多いが、急所で即負けにならない+役割を分散させた構築にすることで「対面の駒」として扱えるようになり、とても強かった。

 

f:id:mega-salamance:20210301104136g:plain

ラッキー@進化の軌跡 自然回復

呑気357(252)-*-62(252)-*-126(4)-49(個体値0)

地球投げ タマゴうみ 歌う ステロ

 

有象無象に投げる事を意識して、物理と特殊に同じ回数投げると仮定したときに受ける攻撃に対しての総合耐久指数が最大のHB252D4振り

最遅なのは歌うを下から打って裏のポケモンを無償で着地させるため。

 

今期の影の立役者。

序盤に眼鏡ダイナ+小さくなるラッキーのレンタルを使っていたときに、ステロや歌うの操作があったら強そうだなと感じて使ってみたところ本当に使いやすかったからずっと使っていた。歌うのおかげで「ムゲンダイナの有利対面を作る」ことが簡単に出来て、ステロのおかげで「ムゲンダイナが受からない」状況を作り有利に試合を進めることが出来る。

運ゲーと思われるかもしれないが、ラッキーはかなりの高耐久なので、「かなり外しても大丈夫かなー」という試合が実際は多かった。物理に歌うを打つ動きは外したときに即負けになり弱いので、出来るだけケア出来るように選出をしていた。

と言っても実際に打つときは毎回ばっこり気合いを込めていた。

f:id:mega-salamance:20210101172037p:plain

ウーラオス@拘りスカーフ 不可視の拳

陽気175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)

インファ 水流連打 アクジェ とんぼ

 

ヒヒダルマ意識最速ASぶっぱ

 

タイプ特性が万能すぎる熊。

「不可視の拳で守るが効かない事とダイナに鬼火は打ちにくい+鬼火は命中不安」という事を考えるとヒードラン入りにめちゃくちゃ強く、ムゲンダイナが眼鏡でサイクル破壊出来る事と相まって「ヒードランで困る」ということをかなり減らすことが出来た。また、ムゲンダイナ軸でかなり重いヒヒダルマにめちゃくちゃ強いので、ムゲンダイナ軸のスカーフ枠として最強だと思っている。また、今期に限っていえば身代わりビルドランドがムゲンカグヤメタとして流行しており、そこに強いのも良かった。

水流•インファ•とんぼによる上からの高打点広範囲の殴り、悪•水不明+持ち物不明による選出圧力が

アクジェは、悪タイプに投げてスカーフをはたかれたときや、舞ったウルガモス等に活きる。

f:id:mega-salamance:20211001104955p:plain

メタモン@気合いの襷 変わり者

陽気155(252)-*-68-*-69(4)-110(252)

へんしん

 

H-ぶっぱ

S-ランドオーガテテフのスカーフを確認出来る最速スカーフメタモンの流用個体だが、襷なので意味がない

 

禁伝ダイマ無し環境で3シーズン全て自分の構築記事にいる唯一のポケモン

普通は「拘りスカーフ」で使われることが多いが、他の構築でメタモンを使っていたときに一番の役割対象の黒バドに対してラッキーの歌うステロを絡めても相手のスカーフで同速に負け終わることがあったり変な受け方をされることが多かったので最低限行動保証を持てて黒バドにかなり強くなる「気合の襷」で採用した。この発想はnocheさんのS22最終9位の構築から頂いた。

実際に、このポケモンを入れてから黒バド軸への勝率が飛躍的に上がったので、襷で正解だった。

また、メタモンを入れるだけで「ウーラオスはスカーフじゃない」と思われるので意表を突くスカーフウーラオスが刺さったり、相手に「メタモン受け」の選出を強制したりと間接的には一番活躍していたと思う

一番襷が役に立ったのは、からやぶしたポットデスに死に出し襷メタモン出しからやぶからのシャドボシャドボアシパでポットザシサンダーを3タテした試合。他にも、ザシアン+ヒードランヒードランをこぴって破壊したり(相手のザシアンがコピードランに打点が無いから崩しやすい)、やどみがポケモンや毒々ポケモンをこぴって受けを崩したりと応用力がとても高いのが強かった。

とはいえ、同速負けで格差マッチに負けてしまうことがかなり多かったので、やはり基本的にはスカーフが強いと感じた(ダイナ軸のスカーフメタモンヒヒダルマにめちゃくちゃな噛み合いゲーになるので個人的には無しだけど)。

S22までの自分はスカーフ以外のメタモンは100%ありえないという固定観念を持っていたので、それを人の構築を参考にして客観視して再度考えて構築に取り込めたのは良かったと思う。

 

 

 

要点

 

対面操作+眼鏡ムゲンダイナ  

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plain+f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plain

眼鏡ムゲンダイナは有利対面を作ったときに崩していけるのが強みなので、ラッキーの歌うやウーラオスのとんぼかえりの対面操作ととても相性が良い。

 

スリップダメージでアタッカーを通す

f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainf:id:mega-salamance:20211102105755p:plainf:id:mega-salamance:20211102105804p:plain

ラッキーのステロ、ヌオーのゴツメと毒々、テッカグヤの宿り木の種で襷を潰したり攻撃圏内に入れてこちらのアタッカーの一貫を作る動きが強い 

例えば、ザシアンにゴツメを1回入れるとムゲンダイナの火炎放射で高確率で落とせたりする

 

固めのサイクル+高速の潰し

f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainf:id:mega-salamance:20211102105755p:plainf:id:mega-salamance:20211102105804p:plain+f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain

崩しの薄い構築にはラキヌオーカグヤの固めのサイクルが強く、そこを崩してくるヒヒダルマ、ウーラオスヒードラン、黒バド、スイクンなどのアタッカーにはこちらの潰しを当てて相手の崩す手段を消すことで詰ませの状態を作ることが出来る

 

ゴチルゼルに勝つダイナ軸 

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105755p:plainf:id:mega-salamance:20211102105604p:plain

ムゲンダイナを眼鏡で採用しヌオーにグロパンを入れてラッキーに投げ歌うを入れることで、本来勝てないコスパゴチルゼルに嵌められるのは相手が挑発持ちのときのテッカグヤのみになりほとんど困らない。眼鏡やスカーフは崩しを考えるとコスパ採用は少なく、コスパさえされなければ裏で巻き返すことが出来るので、ムゲンダイナ軸でありがちな「ゴチルゼルに簡単に負ける」ことは一度もなかった。

 

 

選出

 

対ザシアン

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105755p:plain@1

 

ザシアン受けのヌオーとサンダーやヒトム(メタモン受け)から破壊出来るムゲンダイナを軸に選出を構成し、残りのポケモンに合わせてラスト一体を選出する。

 

対ムゲンダイナ

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plain+f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainorf:id:mega-salamance:20211102105804p:plain@1

 

受けに寄っているときは、ダイナラッキーカグヤ

攻めに寄っているときは、ダイナラッキー+メタモンorウーラオスと大体投げていた。

 

カイオーガ

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105604p:plain@1

 

ダイナとラッキーの相性補完でオーガを上手く処理するとステロも込みでかなり有利に試合を進められる。

 

ネクロズマ

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105804p:plain@1

 

ダイナで破壊して、カグヤで補助をするイメージでサイクルをする。メタモンの同速負けの1回しか負けなかった(しかもその試合はプレミをした)

 

対イベル

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plain+f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainorf:id:mega-salamance:20211102105804p:plain@1

 

イベルや受けに対してラッキーやカグヤでテンポを取りつつダイナかカグヤかウーラオスを通していく試合が多かった。

 

対黒バド

f:id:mega-salamance:20211102105604p:plainf:id:mega-salamance:20211102105821p:plain@1(大体ダイナかカグヤ)

 

歌うステロ+メタモンでテンポを取っていく。

 

対ホウオウ

f:id:mega-salamance:20211102105553p:plainf:id:mega-salamance:20211102105604p:plain@1

 

ステロ+ダイマ砲が受かってない構築ばっかだったので、それで勝てた。ラッキーがいても釣りや他のポケモンで崩せる。

 

 

重いポケモン•並び

 

マンムーザシアン

テッカグヤがHBじゃないので、つららおとしでかなり運が絡んでしまう。

ダルマサンダー

ウーラオスが麻痺るとかなり負けてしまう。ダルマウーラ対面はサンダー引き読みで初手から釣り交換をしていた。命中不安だが安定行動になるストーンエッジを採用するべきだったかもしれない。

ザシアン+眼鏡(スカーフ)ゴチルゼル

ヌオーが倒されて2-3の状態から始まる可能性が高く厳しい。はずだったが、何故か初手ゴチルゼルを出してきて流星群で倒せてしまうことが多くてほとんど負けなかった。

 

 

結果

 

TN ソード    2124-6位 115-46

f:id:mega-salamance:20211101111604j:plain

TN レッドゾーン 2103-17位 155-72

f:id:mega-salamance:20211101111621j:plain

TN ゆうき    2062-32位 120-54 

f:id:mega-salamance:20211101111634j:plain

 

最終日には3ロムとも大きく溶かすことはなく戦えました。構築が強かったのももちろんですが、プレイングと選出が前より安定しているのが良かったと思います。

ちなみに4ロム目は最高2040最終1960?とかで散りました。カイオーガを使っていましたが、中々厳しかったです。

 

最後に

今期は序盤から潜りまくって、自分なりに強いポケモン•構築を見つけれたのが大きく、初最終一桁及び2100を達成出来て嬉しいです!

色々な人にポケモンを教えてもらっいてるのが一つ形になって本当に良かったし感謝です!

また頑張ります!

 

何か質問とかあればツイッターのdmにお願いします。

@Porygon__X

 

最終日対戦

www.youtube.com

良かったら見てください!

 

 

 

 

 

 

【S22最終2104-30位】柔靭イベドヒド

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS21で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

f:id:mega-salamance:20211001104421j:image

それでは構築を紹介します!

 

 

 

ンセプト

チョッキイベルの押し込み+毒殺誤魔化しサイクル。

構築経緯

カイオーガを使ったときにチョッキイベルタルの打ち合い性能がとても高いのに気づいたので、そこから組み始めた。ザシアンがありえない程きついので、ヌオー。ザシ軸のノラゴン、テテフのムンフォ、ウーラの一貫を切れるドヒドイデドヒドイデが出しにくい、ノラゴン+ゴチルゼルに選出出来て、重いゼルネアスを完封するヌケニン

ムゲンダイナに強く、崩しが出来て重い鋼(テッカグヤとか)に強いヒードラン。ラストに、ホウオウ入りに強くオーガ軸等にイベルと合わせて殴り勝ちしやすいガブリアス

 

↑9/16日付近のメモ

そこから、ザシアン軸よりランドロスがきつかったので、ランドロスに弱くなくてザシアンに強いメタモンをヌオーと入れ替えながら使っていた。

 

これてで構築が完成した。

 

メタモンにするとガブリアスが重くなるが、砂+ヌケニンの役割対象みたいなきつい相手を誤魔化すことが出来たりするので一長一短だと思う。

 

レンタル

f:id:mega-salamance:20211001102104j:image

個体紹介

f:id:mega-salamance:20211001104544p:plain

イベルタル@突撃チョッキ ダークオーラ

臆病201-136(4)-115-183(252)-118-166(252)

 

悪波 デスウイング 不意打ち とんぼ

 

C-火力を高めるためにぶっぱ

S-最速ウーラオス意識の最速

 

役割:有象無象の破壊、ウーラオス、黒バド、ゴリランダー、ウルガモスに投げる

 

個人的に一番好きな禁伝。

特性ダークオーラによる高火力+怯みの追加効果のある悪波により多くの耐久ポケモンに強く、回復しながら殴れるデスウイング、先制技でダークオーラで火力の出る不意打ちによって打ち合い性能がとても高い禁伝。

チョッキを持つことで役割対象である黒バドに強くなるのはもちろん、カイオーガやサンダー等様々な特殊ポケモンとの打ち合いで強く出れる。

とんぼ返りは、襷やマルチスケイルを潰すのはもちろんだが、遅いポケモンの釣り交換を咎められるのが強い。

他禁伝と比べると爆発する強さは無いが、柔軟に動けてとても使用感は良かった。

 

f:id:mega-salamance:20211001103919g:plain

ガブリアス@気合の襷 鮫肌

陽気183-182(252)-115-*-106(4)-169(252)

 

地震 スケショ いわなだれ 剣舞

 

ASぶっぱ余りD4振り

 

役割:破壊アタッカー、サンダーやレボルトやヒトムに強め

 

最強の王。

剣舞+スケショの抜け性能が高く、鮫肌によってザシアンに殴り合いで強い。

雪崩で怯ませたり暴風混乱したり、サンダー対面はよく分からなかった。

イベルがきつい電気•岩に強く、とんぼ返りからガブリアスを展開する動きがとても強い。

マンムーと比べると、①剣舞スケショで崩し性能、抜き性能が高い②鮫肌で対面ザシアンにより強い③ウーラオスカイオーガより早い④HBゴチルゼルでも嵌められない

の4点がメリットで、これら全てが重要なので変えは効かないと思う。

 

f:id:mega-salamance:20210301104157g:plain

ドヒドイデ@黒いヘドロ 再生力

図太い157(252)-*-220(220)-*-167(36)-55

 

トーチカ 毒毒 熱湯 自己再生

 

HB-ノラゴンやザシアン意識で出来るだけ高く

HD-臆病カイオーガの雨しおふきをトーチカ込みほぼ2耐え

 

役割:ノラゴン、ワイボの無いザシアン、アタッカーミミッキュ、拘りレヒレ、ウーラオス、エースバーン、HBサンダー

+毒が入る耐久ポケモン全て

 

毒殺王。

必中毒+トーチカ+再生力で相手を毒だけで破壊することが出来る。最強。特に、この構築は結構役割を分散しているので、こちら視点の安定行動をしているだけでも相手が読み違えて毒で一気にアドバンテージを取ることがあり楽な試合を多く作ることが出来た。

積みアタッカーに対して毒を打つことで、「積むなら毒が通り、殴るなら不意打ちが通る」という不意打ち+毒のシナジーが作れて偉い。

ゴチルゼルに嵌められてしまうので、余程の事が無い限り選出しないようにしていた。

 

 

f:id:mega-salamance:20210301104211g:plain

ヒードラン@食べ残し 貰い火

穏やか193(212)-*-127(4)-151(4)-159(148)-115(140)

 

マグスト 大地 鬼火 挑発

 

H-16*12+1

HD-臆病ムゲンダイナのメテオビーム+C+1ダイマ砲×2を残飯2回込みほぼ耐え

S-準速テッカグヤ+2

 

役割:ウルガモス、ムゲンダイナ、ネクロズマ、サンダー、ポリ2+サイクル破壊

 

役割対象に対して滅法強く、裏にまで一貫しやすいのが強み。

HDはムゲンダイナやサンダーに強く使いやすかった。

鬼火は守るとの選択で、ガブリアスと組む以上ヌオーを崩す手段は多い方が良いと思ったので鬼火で採用したが、実際に活きる試合は多かったので良かった。

ゴチルゼルに勝てるのと、ウルガモスやネクロに強いところが役割の似たガラルヤドキングより優れている。

f:id:mega-salamance:20211001104955p:plain

メタモン@拘りスカーフ 変わり者

生意気155(252)-*-68-*-110(252↑)-47(個体値0)

 

変身

 

H-ぶっぱ

B<D

 

役割 アタッカー全て、特にザシアン

 

 

圧力が最強。特にザシアン軸の選出が読みやすくなる。

 

相手のザシアンや黒バドやダイナを利用して裏まで貫く動きが単純に強い。

これらのポケモンをコピーする際は、HPはそこまで必要の無いことが多いため(ダイナなら放射に投げてコピーできるくらい、黒バドは眼鏡サイキネに投げれるくらい、ザシアンはじゃれつく耐えるくらい)、初手のとんぼルチェンやステロあくび展開に合わせて初手メタモンをめちゃくちゃ投げていた。初手に投げる事で相手の型を確認して、こちらの〜がきついから相手の残り2体は〜と〜、みたいに選出を予想出来て、そこから何が最適な選択か考えれる。

 

使い手次第で化けるポケモンだと思う。

 

 

f:id:mega-salamance:20211001104138g:plain



ヌケニン@厚底ブーツ 不思議な守り

意地1-156(252)-65-*-50-92(252)

 

ポルガイ 影打ち こらえる 鬼火

 

A特化Sぶっぱ

 

役割:打点の無いポケモン全て 特にゼルネアスと水ウーラオスとレヒレとジガルデとカイオーガマンムー

 

砂やあられにとても弱いが、有利対面を取る際にこちらの負担が0でポルガイや鬼火で負荷をかけれるのはシンプルに強い。

ドヒドイデと特に相性が良く、インファと炎の牙の両採用はとても少ないため、ドランと合わせてザシアンを見ていた。

こらえるは、守ると違って拘り悪ウーラオスの技を確認出来るのが利点。

 

 

メタモンと入れ替えてた枠
f:id:mega-salamance:20211020110126j:image

ヌオー@ゴツゴツメット

202(252)-105-150(252)-*-86(4)-55

自己再生 地震 蓄える 毒毒

 

メタモンより良いところは、ザシアン及びガブリアスがしっかり受かるところ。蓄える+毒毒だとザシアン+HBサンダーorランドロスのような並びを能動的に崩せる。

メタモンより悪いところは、草結びランドロスがきつくなることと、砂ゼルネ等の誤魔化しが効きにくいところ。

 

選出

役割対象に合わせて選出を3体選ぶ。プレイングで誤魔化しが効きやすいので、選出が足りないときは雰囲気で見れそうなポケモンをゆるめに考えて決める。

イベルはザシアン軸を含めてほぼ出した。

 

ザシアン軸との対戦ではザシアンの技構成を割り出すことがとても重要だが、メタモンを〇〇で受けれるようにしている、〜が無いとXが突破出来ない、等を並びを見たときに考えて技を予想して最適な選出が出来れば勝率はかなり上がると思う。

 

重いポケモン

ザシアン+カバルドン

ヌケニンが出しにくいから。基本的にメタモン対策をメタモンで交代読みして貫く試合になりがち、静電気サンダーでザシアンをコピったメタモンを受けてくると運勝負になる。たまにザシアンがドヒドに打点が無くてイージーウィンになる。

ゼルネアス+バンギラス

ヌケニンが出しにくいから。ゼルネアスを削ってメタモンでコピったり、気合玉を割り切ってドランで受けたり、身代わりを切ってドヒドイデで毒殺する等の工夫でどうにかなる。

サンダー(アタッカー)

ガブリアスヒードランが突破されて押されがちだった。イベルのあくは+不意打ちで落としたり、ドヒドイデで上手く毒を当てると割と楽に勝てる。

結果

TN ソード 最終2104-30位 177-103
f:id:mega-salamance:20211001113759j:image

TN ゆうき 最終2079-47位 76-24
f:id:mega-salamance:20211001113807j:image

↓9/25日瞬間1位(TNゆうき,2068)
f:id:mega-salamance:20211001114225j:image

最後に

せっかく瞬間1位を25日とかに取れたのに、最終日前4連とかで授業あるのにバイト入れた+その期間にNetflixでヒロアカ見始めてハマって117話まで一気に見たのが原因で最終日まであまり潜れなかったのがアホだったと思いました。でもとりあえず2100までいけたのは良かった。

来期は頑張りたい。具体的に、今期のように環境のポケモンの圧力に選出が歪まされない構築を作りたい。

 

何か質問とかあればツイッターのdmにお願いします。

@Porygon__X

 

 

終盤動画

S22最終戦 - YouTube

イベルドヒド 105位~1位 - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカーフディアルガ

こんにちは。今回は、前期使っていたスカーフディアルガの単体の記事を書くことにしました。

 

 f:id:mega-salamance:20210902172122g:plain

ディアルガ@拘りスカーフ

臆病175-*-141(4)-202(252)-120-156(252↑)

流星群 ラスカ れいび オバヒ

 

 

調整 

S-最速

スカーフ込みで最速ザシアンや黒バド抜き

スカーフロトム系統を抜け、スカーフカイオーガと同速

C-ぶっぱ

流星群でD4ウーラオス余裕の確定

ゴツメ×2とオバヒで、199-154(スカーフカイオーガのしおふき耐え)ザシアンを13/16の乱数で落とす

流星群×2で無振り黒バドを187〜の確定

HB-陽気スカーフヒヒダルマ五里霧地震を12/16耐え

陽気スカーフランドロス地震を9/16耐え

威嚇込み陽気ザシアンのインファ確定耐え

HD-238黒バドのアストラルビット確定耐え

182テテフの気合玉確定耐え

HBD-テテフのC200フィールド未来予知+ザシアンのA244+1巨獣斬が73〜87+73〜87=146〜174で確定耐え

 

概要

中盤に未来予知テテフ+ザシアンが流行っていたときに、この並びにサイクル勝ちするために考えたポケモン現環境最大火力の未来予知+巨獣斬を確定で耐えるので、未来予知サイクルに対して後出しから耐えてオバヒで返すことが出来る。

また、ディアルガ構築は「鉢巻ウーラオスに弱い」ということで有名だが、この型は裏まで崩せる鉢巻ウーラオスに対しては上からワンパン出来るので、鉢巻ならディアルガで倒せる、他なら〜のような感じで構築単位でのウーラオス耐性もあるのも強み。

他にも、スカーフヒヒダルマやスカーフランドロスに対して、裏読みの行動をしてくる確率×スカーフでない確率×スカーフ地震を耐える確率、を考えての合法な奇襲も強い動きだった。

さらに、これはスカーフに限らないがディアルガは選出画面の圧力が高く、鋼や竜や鉄壁ボディプレスの一貫を切ることを強要出来て、裏のポケモンが通りやすくなる。圧力が高いおかげで受け寄りの構築に対しても型バレしないうちに釣り駒として使い裏で破壊することが出来た。

まとめると、「鋼で早い」「奇襲が出来る」「選出画面での圧力が高い」ことが強いところ。

 

技構成

流星群

ウーラオスをワンパンできる最強一致技。

ラスターカノン

ザシアン+エスパーに一貫する一致技。

冷凍ビーム

ランドロスやサンダーに打つ技、このポケモンのれいびは何回も打つので、上振れすることがある。

オーバーヒート

ザシアンへの最高打点、ゴツメ等のスリップで圏内に入れての奇襲が強い。ザシアンの巨獣に投げて上からオバヒを打つ動きが良い感じ。

 

 

相性の良いポケモン

ゴツメランドロス

ザシアンに必ずゴツメのスリップを2回以上入れることが出来るかつ、ディアルガが抜群を取られる格闘、地面の一貫を切ることが可能。とんぼ→スカーフでの奇襲という動きも作れる。

カプ・レヒレ

ウーラオスに強いこととカバルドンのあくび展開を阻害出来るのが良い。最初は眼鏡で使っていたが、何故か眼鏡一点読みされること、ドヒドイデが面倒、ウーラオスに受け出し回数が少ないことの3点が気になり(特に一番目)、渦潮怒り挑発の残飯に変えた。

 

レンタル

f:id:mega-salamance:20210902175828j:image

この構築でレート209Xまで行くことが出来ました。良かったら使ってみてください。

(10/1、レンタル公開終了しました)

ディアルガランドレヒレ:軸

ポリ2:黒バド対策

ガラキン:ゼルネ、受けループ対策

悪ウーラオス:ディアルガと釣り関係になるアタッカー、受けループ対策

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

 

何かあればツイッターのdmにお願いします。

@Porygon__X