Origin Regression

Single battle

Top

自分で考えて構築を作って勝ちたいです

7世代の頃は対面選出可能なサイクル構築をよく作ってました

好きなポケモンを構築に入れたい 

f:id:mega-salamance:20191123235223g:plainf:id:mega-salamance:20191123235229g:plainf:id:mega-salamance:20190909053057g:plain

f:id:mega-salamance:20191123235216g:plainf:id:mega-salamance:20190909053259g:plainf:id:mega-salamance:20190909023916g:plain

7世代

S9=高1の終わり頃にレート対戦の存在を知って始めて、S13あたりに初めて自分で考えて構築を組むようになり、部活が終わったS16から最終日も潜るようになり2100を目指してました。

 

S13 1996

f:id:mega-salamance:20211213074952p:plainf:id:mega-salamance:20211213075014p:plainf:id:mega-salamance:20211213075035p:plainf:id:mega-salamance:20211213075107p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S14 2011/1969 初のレート2000

f:id:mega-salamance:20211213074448p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211213074722p:plainf:id:mega-salamance:20211213074540p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S15 部活の大会でお休み

 

S16 2066/2046 70位

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211213074952p:plainf:id:mega-salamance:20211213075239p:plainf:id:mega-salamance:20211213075405p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213075344p:plain

 

S17 2028/2014.84位 

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211213074952p:plainf:id:mega-salamance:20211213075239p:plainf:id:mega-salamance:20211213075405p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213075344p:plain

   突発大会準優勝(90人)

 

S18 2001/2001?位

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074952p:plainf:id:mega-salamance:20211213075239p:plainf:id:mega-salamance:20211213075620p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213075547p:plain

仲間大会8-0 2位(150人)

 

8世代 

S1〜3はほぼ受験期間(テストがある)で、S4から潜っています。

 

 

S1-3 大学受験

 

S4 1032位 

f:id:mega-salamance:20211213080055p:plainf:id:shar965:20190709002316p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plain

 

S5 181位

f:id:mega-salamance:20211213080055p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plainf:id:shar965:20201101214247p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213080213p:plain

 

ここからレート可視化

 

S6 113位/2112.126位/2099

f:id:mega-salamance:20211213080055p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plain

 

S7 360位/1957

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211213080732p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:shar965:20200101213209p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S8 187位/2043

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213080055p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211212045358p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213081016p:plain

 

S9 88位/2073

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:mega-salamance:20211213081148p:plainf:id:mega-salamance:20211213081118p:plain

 

S10 130位/2044

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213075014p:plainf:id:mega-salamance:20211213081454p:plainf:id:shar965:20200327100255p:plainf:id:shar965:20200301210127p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plain

 

S11 106位/2019.119位/2008

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213081656p:plainf:id:mega-salamance:20211213081913p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plainf:id:shar965:20200327100255p:plainf:id:mega-salamance:20211213081936p:plainf:id:shar965:20200926162939p:plain

 

S12 180位/2039 

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211212045150p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211212045358p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainブリザポスf:id:mega-salamance:20211213081118p:plain

 

カンムリビギニング 2位/1856.19位/1805.91位/1741

レジエレキf:id:shar965:20200301210109p:plainf:id:mega-salamance:20211213082607p:plainf:id:mega-salamance:20211213074540p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plain

 

S13 84位/2061.125位/2031

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213082805p:plain

 

S14 35位/2080.115位/2027

2ロム2060

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213080055p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213083009p:plain

 

S15 37位/2102.76位/2069.124位/2034

4ロム2000,最終日4ロム二桁+2000,3ロム2050

f:id:mega-salamance:20211213083053p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plainf:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213083139p:plain

 

S16 222位/2001

最高2072 4ロム2000、最速2000

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S17 31位/2041.159位/1972

最高2058-2060  最高2040付近 2ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:shar965:20210305031409p:plainf:id:mega-salamance:20211213083548p:plainf:id:shar965:20190709002316p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S18 30位/2064

2ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213083548p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

竜王戦本戦ベスト8

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20220120221344p:plainf:id:mega-salamance:20211212045358p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S19 15位/2060.31位/2041

2ロム2070.3ロム2000 

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainヤドキング毒超f:id:mega-salamance:20211213081913p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S20 37位/2025.42位/2021

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211212045150p:plainf:id:mega-salamance:20211213083548p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainヤドキング毒超

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20211213082805p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S21 26位/2129.32位/2124

2ロム2100,4ロム2060↑

f:id:mega-salamance:20211204013836p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:shar965:20200327100255p:plainf:id:mega-salamance:20211213084206p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plainヒヒダルマ氷f:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S22 30位/2104.47位/2079

4ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213083053p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plainf:id:mega-salamance:20211213074540p:plainf:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213084425p:plain

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211212045150p:plainf:id:mega-salamance:20211213074540p:plainf:id:mega-salamance:20211213084856p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plain

 

S23 6位/2124.17位/2103.32位/2062 

3ロム2100.4ロム2040

f:id:mega-salamance:20211204013836p:plainf:id:mega-salamance:20211213084508p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213084542p:plainf:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213083139p:plain

 

S24 31位/2028.46位/2016

3ロム2000

f:id:mega-salamance:20211213075323p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainバドレックス白f:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213084707p:plain

 

S25 9位/2082.11位/2067

4ロム2000

f:id:mega-salamance:20220116154920p:plainf:id:mega-salamance:20211213084508p:plainf:id:mega-salamance:20211213084425p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211212045150p:plainf:id:mega-salamance:20211212045358p:plainf:id:mega-salamance:20220102232612p:plainf:id:mega-salamance:20220102232634p:plain

 

S26 4位/2097.34位/2037.44位/2028


f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211212042246p:plainf:id:mega-salamance:20220201200429p:plainf:id:mega-salamance:20211213084542p:plainf:id:mega-salamance:20211213075150p:plain

 

S27 22位/2069.29位/2062.35位/2054

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:mega-salamance:20211213083053p:plainf:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213075035p:plainf:id:mega-salamance:20211213083214p:plainf:id:mega-salamance:20211213084238p:plain

 

S28 9位/2102.17位/2078.27位/2057

f:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S29 13位/2049.18位/2032.91位/1987

f:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:mega-salamance:20211213074631p:plainf:id:mega-salamance:20211213084238p:plain

 

S30 4位/2097.5位/2088.47位/2014

f:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S31 20位/2036

f:id:mega-salamance:20211213075523p:plainf:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20210305031409p:plainf:id:mega-salamance:20211213074519p:plainf:id:mega-salamance:20211102105812p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S32 6位/2078.10位/2059

オーロンゲf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

S33 5位/2089.41位/2017.67位/2005

f:id:mega-salamance:20211204013836p:plainf:id:mega-salamance:20211213084508p:plainf:id:mega-salamance:20211213083139p:plainf:id:mega-salamance:20211213084542p:plain

 

S34 27位/2020

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213083053p:plainf:id:shar965:20210305031409p:plainルギア

 

S35 1位/2087.6位/2051.25位/2014

f:id:mega-salamance:20211204013836p:plainf:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:mega-salamance:20211213083053p:plainf:id:shar965:20210305031409p:plainf:id:mega-salamance:20211213074604p:plain

 

 

 

9世代

 

S1 120位

 

S2 73位

 

ここからレート可視化

 

S3 37位/2204.81位/2173

 

S4 3位/2221.5位/2216

 

S5 3位/2193.16位/2154

 

S6 

 

S7 7位/2125.21位/2065

 

S8 106位/2095

Pokémon-Icon 450.png

 

S9 10位/2165.28位/2126

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plain

 

S10 8位/2164

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plain


S11 1位/2230


S12 109位/2072

 

S13 5位/2187.29位/2126.31位/2125.52位/2109

 

S14 9位/2217.10位/2215

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plain

 

S15 12位/2205.41位/2147

 

S16 15位/2180.21位/2164

 

S17 9位/2157.57位/2079

f:id:mega-salamance:20211102105812p:plain



 

 

 

ツイッターやってます

@Porygon__X

よろしくお願いします

 

 

 

2001年生まれです

バドミントンやってます

サッカー、卓球も好きです

詳しくはないけどアニメやドラマ、映画を見るのも好きです。

 

 

 

 

 

【S19最終1位】カミコライ結

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS19で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

それでは構築を紹介します!

 

 

 

ンセプト

・理に適った超パワーの組み合わせで、しっかり勝つ

構築経緯

自分の中では禁止伝説の選択は6月時点に出した

https://note.com/porygon__x/n/na315aa9fcc16

の記事での考察と変わらず、黒バド・ミライドン・コライドン・ザシアン・テラパゴスの5強だと思っていたので、まずはこの中でどの禁止伝説を選ぶことが理に適っているかというところから考えていった。

最重要視していたことは、レギュレーションGでの構築の基礎となっている「禁止伝説、パオカミウーラカイリュー、地面、禁止伝説の受け」に出来る限り安定かつ強い対応をすることだったが、これらに対してコライドン+ハバタクカミ(カミコライ)

①ドラゴンの一貫を切るために必須級のフェアリー枠で平均的なパワーが最も高いポケモンはハバタクカミであり、コライドンと合わせることで持ち物が余るため、理論値を出すことが出来る

②コライドンが、パオカミに強い炎テラスを自然に採用しながら、炎できつくなる神速カイリューと鉢巻水ウーラオスに並びで抵抗出来る性能を持つ

③高火力蜻蛉持ち物理×高火力特殊という並びで、地面や受けにも対応しやすい

という3つのことから他に無い強さを発揮することが出来ると思ったので、そこを始点に構築を組み始めた。

上述の理由からコライドンの型は炎テラスが確定し、「特殊アタッカーへの不安定さを解消したい」「蜻蛉帰りを自然に採用したい」の2点から、突撃チョッキとした。

ハバタクカミは、高火力により対面性能と崩し性能の両方を底上げ出来る眼鏡を確定させた。

また、コライドンはザシアン+クッション(カバ・ヘイラッシャ)に対して
「クッションを後出しされる」「+1ザシアンに上から縛られる(抜群のじゃれつくorテラバースト)」の2つの厳しい点がある上、ハバタクカミもザシアンに1回後出しされるレベルの対面不利であることから、カミコライはザシアンに対しての構築・立ち回りの工夫が必要である。しかし、これは裏を返せば、ザシアンとコライ受けをコライドンに上手く使用させなければ、持ち前の打ち合い能力の高さで制圧することが出来るということなので、ザシアンに後出しじゃんけんの対応が出来るポケモンを入れることにした。
対ザシアンのクッションとしては
1.ガチグマ及びグライオンと地面が被らない(=これ以上パオジアンが重くならない)
2.地面テラバーストをケアした引き先になれる(ドヒドイデとかはNG)

の2点が解決必須の課題であった。
これらを満たす候補としては

ヘイラッシャ
ママンボウ
ハッサム
アーマーガア

あたりが挙げられるが
今回は、ザシアンに加えパオジアンとコライドンにも強く、詰め性能が高いことを評価して残飯ヘイラッシャを採用した。

次に、主に特殊禁止伝説に対して対面選出を形成出来る襷枠が欲しかったが、その中でも「2手目のコライドンが貫通される巧み黒バドに対して、欠伸という汎用性のある技で起点回避出来る」「きつめなキラフロルに超有利」「拘りミライドン・黒バドの一貫を切ることが出来る」ことを評価して、アカツキガチグマを採用した。

この4体は単純な殴り合いは強いが、「特殊禁止伝説の積み」「キラフロルを自由に選出させる」「状態異常耐性の無さ」「地割れの一貫」「グライオンに詰まされる」「みがまも白バドがきつい」等が課題だと感じたので、それらを補完出来ると思い、地震+みがまもグライオン、鉢巻飛行テラスハッサムを採用。

構築が完成した。

レンタル

個体紹介

コライドン@突撃チョッキ 緋緋色の鼓動

テラスタイプ:炎

意地201(204)-198(196)-136(4)-*-122(12)-167(92)

 

ニトロチャージ フレアドライブ ドレインパンチ 蜻蛉帰り

 

HB-特化パオジアンの氷柱落とし11/16耐え

HD-臆病黒バドレックスの+1サイコキネシス66.3%で2耐え

A-11n

S-最速イーユイと同速を仕掛けることが出来る

遅いチョッキミライドンを抜ける、最速ルナアーラ(ウーラオス)を抜けるライン

 

殴り合い最強禁止伝説。

他の禁止伝説と比較して、高火力とS上昇を1ターンで行えるという分かりやすい殴り合いの強さを持ち、物理禁止伝説としても、上からの蜻蛉帰りにより物理受けへの交換を自然に咎めることが出来るという他に無い強力な性能がある。

コライドンに突撃チョッキを持たせることで特殊アタッカーへの安定性が高くなるのは当然のことだが、従来の電気テラバースト型では「禁止伝説としての打ち合いの強さが局所的になってしまう」「テラバーストが必須」「地面テラス眼鏡ハバタクカミまでケアしたハバタクカミに打てるまともな技が無い」の3点が構築レベルでの課題だと感じたため、水に対する崩しと電磁波ハバタクカミへの完全耐性は割り切り、炎テラス×ニトロチャージで採用。これにより、「テラスニトロチャージが殴り合いで強く、地面テラスと元タイプのハバタクカミに一貫する」「テラバーストを採用せずとも、フレアドライブで崩しと殴りを行う」ことで解決を目指した。また、炎テラスは鬼火が効かないことから、突撃チョッキと合わせて黒バドの型の多様化にも自然に対応しやすい。さらに、「高火力回復技のドレインパンチ」「受けと行動保障を崩す蜻蛉帰り」を採用することで、対面性能と並び単位での崩し性能を両立するポケモンになり、禁止伝説としての強さを存分に感じることが出来た。

特性による晴れは自身はもちろん、最強格パラドックスポケモンであるハバタクカミを強化し、破壊してくる水ウーラオスを弱めることが出来る。そのため、対面・サイクルを柔軟に行うスタンダード構築の禁止伝説枠の性能として理に適っている。

ごくたまに、フレアドライブ火傷の上振れを享受することが出来た。

ハバタクカミ@拘り眼鏡 古代活性

テラスタイプ:フェアリー

臆病149(148)-54(個体値0)-88(100)-179(188)-156(4)-180(68)

 

ムーンフォース シャドーボール ドレインキッス 滅びの歌

 

HB-陽気パオジアンの氷柱落とし確定耐え

無振りヘイラッシャのヘビーボンバー最高乱数切り耐え

特化カイリューの鉢巻地震75%耐え

HD-特化ミライドンのイナズマドライブ14/16耐え

臆病ハバタクカミの眼鏡テラスムーンフォース13/16耐え

C-出来るだけ高く

コライドンの蜻蛉帰り+ムーンフォースが無振り黒バドに190~

S-最速110族+2

 

パラドックスの神。

種族値や技の性能が高いポケモン達の集合であるパラドックスポケモンの中でも抜けて強いハバタクカミであるが、レギュレーションFまではブーストエナジーを持たせなければ実質特性が無いポケモンであった。しかし、レギュレーションGでは最強の相方であるコライドンと共に採用することで、そのパワーを限界まで引き出すことが出来る。今回は絶対的な強さを引き上げたいと思い最大値が大きい「S活性×拘り眼鏡」で使用したが、このおかげで簡単な受けを許さず上からの縛り性能も高くなった。ここに構築単位でのシナジーを合わせると、「コライドンと黒バド対面の引きと突っ込みの嚙み合いを、炎テラス蜻蛉帰りと活性眼鏡ムンフォで、解消する」のような両対応の択を自然に増やすことが出来た。このように、活性と持ち物の組み合わせを工夫することで、従来の眼鏡orブーストエナジーでは成し得ない次元の強さをカスタマイズする事が出来る。

一般的に、眼鏡ハバタクカミはミラー意識の最速が多いが、こちらのコライドンが相手のハバタクカミに強いため、Sを削って耐久方面に努力値を割くことで、「S活性での上からの行動」「一発耐える耐久」を両立し、行動回数を増やした。

拘り眼鏡×ドレインキッスはS9の最終構築でも使用したことがあるが、パオジアンやウーラオスが強いルールでは選出順番やプレイングの選択を広げることが出来るため、レギュレーションGでも変わらず使用感は非常に良かった。

「滅びの歌」は数的不利の捲りを前提とした構築(主に、瞑想ルギア等)やギミック構築(小さくなるバトン等)に強く、殴りとサイクルの穴を埋めることが出来る。

テラスタイプのフェアリーは、一貫性の高い崩し性能とゴースト(黒バド、ミラー)への対面性能を上げる最強一致テラス。

 

ヘイラッシャ@食べ残し 天然

テラスタイプ:炎

腕白257(252)-120-176(196)-*-93(60)-48(個体値16)

 

欠伸 守る 地割れ ウェーブタックル

 

H-16n+1

HB-11n

残飯2回込み、特化白バドレックスの電気テラバースト×2を98%耐え

残飯2回込み、特化パオジアンの電気テラバースト×2を65.6%耐え

HD-臆病ハバタクカミの眼鏡テラスムーンフォース確定耐え

S-最遅白バド抜かれ(トリル下で上から欠伸を打ちたい)

 

まあまあおかしいポケモン

ザシアンに有効な特性「天然」を持つポケモンは、8世代ではその特性の強さ故に種族値が抑えれているヌオーが主流であった。しかし、9世代で登場したこのポケモンは、HBDが150-115-65と圧倒的な耐久力を持ちながらも、「地割れ・欠伸・ウェーブタックル」の存在により自らがかなり高い崩し性能を持ってしまっている。はっきり言って、おかしいポケモンである。今回は、そのバグがザシアンに対しての唯一無二の強さになっていると思い採用したが、スペックの高さから取り巻きに何がいても選出を否定されることがなく、仕事量も安定しており、かなり使いやすかった。

技構成は、詰めで強い「食べ残し×欠伸×守る」、安定した崩し技としてコライドンとハバタクカミに強い耐性である炎に抜群を突ける「ウェーブタックル」、グライオンの毒拒否の眠るとカミコライを完封する極端な受け(ドオー+ヘイラッシャ等)に対しての崩しになり、確率引っ掛けにの選択肢があることで対面性能を底上げする「地割れ」の4つ。どれも外せない最強の技であった。

9世代の一撃必殺は、「テラスタルにより、攻撃性能の低い耐久ポケモンに抜群を突けなくなって負ける」という負け筋を減らすことが出来るため、技スペースの嚙み合いも考えて構築の穴を上手く埋める形で採用した上で、負け筋を作る甘えた打ち方を全くしないように徹底することで、「他の要素に対して勝率を極端に下げることなく、詰ませやサイクルに対しての勝率を引き上げる」ことが出来る。テラスタルに限ることでないが、ポケットモンスターは良くも悪くも確率が絡むゲームであるため、メンタルに左右されることなく絶対的な勝率を上げに行く心を持ち続けることが重要だと思う。

 

ガチグマ@気合いの襷 心眼

テラスタイプ:ノーマル

控えめ189(4)-67(個体値0)-140-205(252)-85-104(252)

 

ブラッドムーン 大地の力 真空波 欠伸

 

C-特化

大地の力+真空波が無振りミライドン(ザシアン)に179~

ブラッドムーン+真空波で無振りコライドンを59.4%で落とせる

大地の力+真空波で無振りウーラオスを90.6%で落とせる

S-ぶっぱ

 

最強の熊。

上述の通り、チョッキコライドンやハバタクカミの殴り合い性能は非常に強力であるものの、拘った黒バドやキラフロルが厳しく、またいななき以上の展開(無理矢理2手目で巧まれる等)をされると貫通されてしまう。そこで、これらを補うために、従来では存在することが無かった「襷を持たせて、欠伸を採用する」という工夫を施した上で、アカツキガチグマを採用することにした。この工夫のおかげで、「キラフロルに対して、大地+真空波の縛り方で、こちらの襷が残るor仕事があまり出来ないという2択を迫る強さがある」「拘りアストラルビットの一貫を切れる」「黒バドの積みに対して、欠伸が有効である」というような、他のポケモンでは成し得ない方向性の強さを持つことが出来る。また、単純に欠伸とブラッドムーンは相性が良く、この技があるだけで「目の前のポケモンが眠るか、望まないポケモンにブラッドムーンが入るか」という2択を迫ることである程度の崩しも遂行することが出来る。

襷を持っているのは、上記の通りキラフロルに有利になるのはもちろん、黒バドをはじめとした高火力ポケモンに対して安定した行動保証を作るためである。特に、「襷×欠伸」の組み合わせは、2手目のストッパーとして非常に優秀であり、相手の欠伸+積みに対しても、1体を眠らせながら無理矢理突破してから襷を使って切り返すような戦い方の選択肢を持つことが出来た。

テラスタイプは、ブラッドムーンの火力を上げることで欠伸と合わせて無理矢理崩しが出来たり、弱点を減らすことで対面性能が高くなるノーマル。

グライオン@毒毒玉 ポイズンヒール

テラスタイプ:鋼

腕白179(228)-115-165(36)-*-126(244)-115

 

地震 毒々 身代わり 守る

 

HB-陽気コライドンの鉢巻逆鱗最高乱数切り耐え

HD-特化ミライドンの流星群11/16耐え

臆病黒バドレックスのアストラルビットに13/16で身代わり貼れる

 

毒の王。

地割れ無効でありながらポイズンヒールを持つ現環境相当エグいポケモン。一般ポケモンの飛行枠という見方をしたときに、カイリューグライオンの2強になるくらいには強いと思っている。

具体的に、「ポイズンヒール回復」が相手の低火力の展開ポケモン(メテオビーム以外のキラフロル、鉢巻以外のホウオウ、オーロンゲ、受けポケモン全般)に強く、そこから「身代わり×守る」でのTODに持っていくことが出来てしまう。これらの要素は、展開系の構築に対してかなり有効であり、軸できつめだった「オーロンゲ+黒バド」に対して、かなりの勝率を得ることが出来た。もちろん壁構築を使っている人もグライオンがきついことは分かっているため、基本的には何かしらの対策を用意しているが、前期はその多くが汎用性が圧倒的に高い水ウーラオスであり、コライドンの晴れで抵抗出来ているのが、構築単位での強さである(コライドン+グライオンの相性の良さ)。

特に何の変哲も無い普通の型だが、現環境のグライオンの破壊のされ方として、「挑発グライオン一点読みの鋼や毒での強引な崩し」があると思ったので、抵抗力を付けるために、地震を採用している。特に大きいのは対キラフロルで、地震があるだけで「好きなタイミングでワンパン出来るし、毒も押しまくれる」という圧倒的有利対面を作ることが出来る。

また、晴れ下で叩きマリルリやゴツメアシレーヌを流すことが出来たり、ヘイラッシャとハバタクカミが呼ぶ電気テラスチョッキコライドンを受けることが出来たりと、晴れ込みでの独特な耐性によるサイクル形成も強力であった。

テラスタイプは、ガチグマのハイパーボイスで貫通されないために鋼(ヘイラッシャと合わせた選出を意識した)。半減が多いことから、1ターンの耐性変化としてかなり優秀であり、身代わりを強引に残す立ち回りも行うことが出来た。一方、積み黒バドにも多く選出をしていたことから、ノーマルや悪等のアストラルビット無効のものにも可能性を感じている。

 

 

ハッサム@拘り鉢巻 テクニシャン

テラスタイプ:飛行

勇敢177(252)-200(252)-121(4)-*-100-63(個体値0)

 

バレットパンチ 蜻蛉帰り ダブルウイング 叩き落とす

 

H-総合耐久指数意識ぶっぱ

特化パオジアンの+2不意打ち7/16耐え(B4でここがずれるため、端数はB)

A-特化

飛行テラスダブルウイング+火傷飛行テラスダブルウイングで213(252)-154(236+)ホウオウを77.9%で落とせる

飛行テラスダブルウイング×3がHB特化ヘイラッシャに342~402(=残飯でも少し余裕を持って押せる程度)

S-欠伸カバルドン、宿り木白バド抜かれかつ、最遅クイックターンママンボウに同速を仕掛けさせることが出来る最遅

 

最高のラストピース。

グライオン」「宿り木白バド」などの嵌めポケモンに対して唯一無二の強さがあり、更にタイプがここまでで選出画面では重かったパオカミに強いことから、選出画面・実際の選出の両方を強化する事が出来た。

先制技のバレットパンチ、対面操作技の蜻蛉返り、連続技のダブルウイング、持ち物を落とす技の叩き落とすと、様々な種類の攻撃技を高火力で打つことで、多くのサイクルへの崩しと殴りを遂行する事が出来る。

特に、飛行テラス×ダブルウイングが強力で、テラスタルの仕様(一致テラスは4/3倍で不一致テラスは1.5倍)上カイリューの鉢巻飛行テラバーストよりも高い火力を出せることから、その一貫性と合わせて「ヘイラッシャ、ホウオウ、ムゲンダイナ、ママンボウ」等のHB種族値が高いポケモンも無理矢理崩せてしまう。このとき、飛行テラスになることで、「地割れ」を無効にしながら崩しを行えるのがとても良かった。

今回は出す構築の種類をある程度明確に定めていたので、不意の炎テラバーストで焼かれる場面は一度も無かった。今までテラスタルルールでは4倍弱点持ち(特に、遅いポケモン)は弱みだと考えていたが、その裏目が起こらないような構築への組み込み方をすることで、弱みを消しながら強く使えたため、固定観念に囚われず柔軟に考えることの重要性を再認識した。 

 

要点

超パワー 

種族値・技・特性・持ち物を最大限活かした超パワーを誇る構築にし、「再戦等の型バレに強くなる」「選出択を軽減する」「対応範囲を広くする」ことを可能とした。

晴れを活かす構築

晴れのターン制限とのシナジーがある蜻蛉帰り、守る、欠伸、毒々といった技を上手く組み込むことで、強い立ち回りを柔軟に行えるようにした。また、古代活性や水半減を強みとして発揮出来るように逆算して考えて、水ウーラオスに弱いが絶対的に強いポケモンを入れる等の工夫を施した。

圧力のある理に適った穴埋め

相手視点の見え方として、タイプ相性が良く対策の方法が構築の軸にとって楽なものになるような適切な穴埋めを行うことが、選出の有無に関わらず少なからず勝率に貢献してくれる。

選出

コライドン 

①対面系(ガチグマ、ディンルー)・・・コライドン+ヘイラッシャ@1

コライドン+ハバタクカミで特殊を、ヘイラッシャで物理アタッカーに殴り合いを行いたい。スケイルショット型が多いため、テラスタルを初手から切ることが多かった。

②サイクル系(ランドロス)・・・コライドン+グライオン@1

ランドロスの蜻蛉帰りと電気テラスチョッキコライドンに強いグライオンを軸に、コライドンの殴りとグライオンTODを押し付ける。

 

ミライドン 

基本的にヘイラッシャ以外の5体から相手の構築に合わせて3体選出する。コライドンは全部出した。ボルトチェンジに負けにくい、コライドン・ガチグマから投げることが多い。

 

黒バド 

相手の構築に合わせて3体選出する。コライドンは全部出した。キラフロルがいる場合はガチグマorグライオン、オーロンゲがいる場合はグライオンを選出することが多い。

いかにいななきまくられないかが重要。

 

ザシアン  

・・・ヘイラッシャ@2

殴り合いの力が高すぎるザシアンに対しては、ヘイラッシャのおかしさを押し付ける。ザシアンを選出されない場合は殴りが弱くなり、ザシアンを選出された場合はヘイラッシャが最強になるので、かなり勝つことが出来たと思う。

 

テラパゴス 

・・・グライオン@2

身代わり×守るが対面からの詰ませとして完封級の強さを誇るグライオンを軸に考えることがほとんど。物理格闘チョッキであるコライドンも選出することが多かった。

 

白バド 

・・・ハッサム@2

宿り木型、トリル型に両対応しやすいハッサムを軸に選出する。炎テラスタルが刺さるため、テラスタルを前提にコライドンを投げることがほとんど。

 

その他

対面はシンプルに殴りつつ、詰ませには滅びやみがまもを、サイクルは高火力や一撃必殺や毒を刺すことが出来るため、相手の構築を見て選出を合わせていた。

 

重いポケモン

受けの叩き落とすグライオン

切っていた。当たらなかったから負けたことは無い。

 

スケイルショットコライドン+ランドロス

コライドン軸のランドロスの採用理由をゴツゴツメットと仮定していたため、ランドロス入りのスケイルショットコライドンを割り切る組み方をした。当たったら1ターン目で負けるリスクがあるが、予想通り存在しなかったため、負けたことは無い。

 

構築の軸を殴りに寄せているため、こちらの型がバレている時の受けサイクルは流石に不利になりがちである。

 

結果

TNバイオレット 最終1位-2188 71-19

TNスカーレット 最終9位 127-68

最後に

最終1位を取ることが出来てとても嬉しいです!今回は、序盤から終盤まで思考を続けることで、プレイングと構築の質を上げることが出来たのが良かったと思います。実際に、欠伸襷ガチグマは他の構築を使っていた際の発想でした。

今期は朝8時40分時点1位2位であり、2位のロムが負けている間に1位が2位に落ちてしまいましたが、2ロムが極端に高かったことから他の人のレート変動を予測することが出来、最近の最終1位付近の「最後は潜る」という風潮から「今期は、最終更新2位は潜らない方が最終1位の期待値が高い」と考えました。結果的に1位を取ることは出来ましたが、やはり最終1位は何かしらの運命が関係することは間違いなく、結局のところ構築とプレイングを限界まで高めて、最終1位圏内に行く回数を増やすことが重要なのかなと思いました。

最高ゲーム、これからも1位を目指して頑張っていこうと思います。

最終日対戦動画

https://youtu.be/LOwWUBqHk3A?si=utwI95mx86z_kt-X

 

 

 

 

【S18最終6位】滅殺パオミラウーラ

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS18で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!



それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

・単体性能が高いポケモンの理に適った組み合わせで、サイクルと殴りを高いレベルで行う構築

・特別な理由が無い限り全試合禁止伝説を選出出来るようにする

構築経緯

火力ラインが上昇する禁止伝説環境において重要な気合いの襷を持たせるポケモンは何が良いか考えたところ、「先制技を持たない禁止伝説に対して、殴り合いが強い」「サイクルの破壊力も高い」の2点から、電気テラバースト+不意打ちのパオジアンが強いと思ったので、そこから構築を組み始めた。

禁止伝説枠は、パオジアンと極めて攻撃範囲の相性が良く、水ウーラオスにも展開を取れて、不意打ちと合わせて黒バドを始めとした多くの禁止伝説を縛ることが出来ることを評価して、スカーフミライドンを採用した。

ミライドン・パオジアンとの攻撃範囲の相性がとても良く、2体で重めなグライオン・白バド・パオジアンに強めな鉢巻水ウーラオスを採用。

カイリューの圧倒的なパワーにまともに抵抗するためには、ノーマルとドラゴンの一貫を無効化するくらいのことが必要だと思っていたので、ハバタクカミを採用することにした。その際、水ウーラオス以外にパオジアンに勝てるポケモンがいない場合、相手の「ドラゴン禁止伝説+パオジアン」の並びがきつくなってしまうと思い、ミライドン・コライドン・パオジアンへの殴り合いが強い型にした。

次に、対面操作から繋ぐクッションが欲しいと思ったので、状態異常(特に、毒)とパオジアン・ホウオウに強いことを加味してキョジオーンを採用。

最後に、重めなザシアンにも殴り合うことが出来る地面枠として、地面の一貫を切ることが出来、ハバタクカミや黒バド・ミライドンにも抵抗することが出来るチョッキランドロスを採用。

 

構築が完成した。

 

 

個体紹介

ミライドン@拘りスカーフ ハドロンエンジン

テラスタイプ:水

控えめ195(156)-94-121(4)-204(244)-136(4)-168(100)

 

イナズマドライブ 流星群 テラバースト ボルトチェンジ

 

HB-特化パオジアンの+2不意打ち確定耐え

特化水ウーラオスの鉢巻インファイト14/16耐え

特化ディンルーの地震最高乱数切り耐え

HD-臆病黒バドレックスの+1アストラルビット確定耐え

198ガチグマの大地の力+真空波80.5%耐え

C-ハドロンエンジンの端数処理の効率が良い一桁の数字4,7,10のうちガチ特化に最も近い204

S-最速100族抜き

(シードミライドンを抜けそうなライン)

 

最強スペック禁止伝説。

スカーフミライドンは、シンプルながらも平均的な打ち合いが最も強い型であり、素の火力の高さとボルトチェンジの崩しも出来るため、非常に強力な型だと感じた。一致技が無効タイプの拘りなので不毛な択が頻繁に起こるように思えるが

「地面と地面テラスを組み合わせで対処する(地面をパオウーラで破壊する)」

「裏から展開する」

「テラバーストを一貫させる」

のようなことを意識することで択を減らして通していくことが可能である。

水テラバースト採用は

①炎技が強いコライドンに対しての行動保証になるなど、耐性テラスとして優秀

②地面への打点として、パオジアンと相性が良い(氷テラバーストだと、鋼・炎・氷でテラスの切れないパオジアンまでまとめて見られてしまう)

の2つを意識して採用したが、後出しじゃんけんのテラスタルになりやすく、とても使いやすかった。

耐久に振ることで、先制技耐性が付くのはもちろん、スカーフで無理矢理サイクルを回すための後出し性能、対面性能を底上げすることが出来る。

 

パオジアン@気合いの襷 災いの剣

テラスタイプ:電気

意地155-189(252)-123(180)-*-85-165(76)

 

氷柱落とし テラバースト 不意打ち 剣の舞

 

A-特化

+2不意打ちでB4カイオーガ確定、無振りミライドンを11/16で落とせる

フィールド下の+2等倍テラバーストで213(252)-154(236+)ホウオウを7/16で落とす

HB-特化水ウーラオスのテラス水流連打68.7%耐え

特化コライドンのスケイルショット4発確定耐え(保険)

S-最速ルナアーラ(ウーラオス)+2

 

四災の剣。

ほとんどが先制技を持たない禁止伝説に対して、火力のある「不意打ち」により無類の対面性能を誇りながらも、「剣の舞×範囲」により崩しとスイープを行うことが出来る。

ミライドンとの相性が非常に良く、Sの遅いポケモンの地面テラスでの切り返しに対して、「氷柱落としで上からワンパン」することで襷を活かして裏のポケモンまで殴れるため、相手のポケモンによっては地面テラスを完全に無視した立ち回りが合法的に出来るようになった。

電気テラバーストは、キョジオーン、グレベース以外のテラスタルが無い主要な物理受け(ホウオウ、ヘイラッシャ、ドヒドイデママンボウ等)を破壊することが出来るため、ミライドンの圧力で特殊受けにテラスタルを切らせた際に無敵になるのが最強。また、エレキフィールドの火力増強により、等倍火力でも崩しやすい技になる。

襷であるが、耐久に振ることで、環境に多かった高火力連續技持ちに対しても無理矢理耐える展開を作れるため、打ち合いの強さを底上げすることが出来た。行動保証として襷がほぼ必須である氷悪タイプの耐性はほとんど活きないように思えるが、実際には氷が絶対零度を無効化フリーズドライを半減、悪がエスパー技や悪戯心を無効化出来るため、要素として偉い部分がある。

電気テラスの裏目として、神速の一貫と聖剣が無いことによるミラーへの弱さがあるため、それらは構築単位で補完することを意識した。

水ウーラオス@拘り鉢巻 不可視の拳

テラスタイプ:水

195(156)-199(244)-133(100)-*-81(4)-118(4)

 

水流連打 インファイト アクアジェット 蜻蛉返り

 

HB-特化白バドの電気テラバースト確定耐え

特化パオジアンの電気テラバースト13/16耐え

HD-臆病テツノツツミのフリーズドライ13/16耐え

A-無振りミライドンをインファイトで13/16で落とす

S-端数

 

武道熊師。

パオジアンと同じく先制技を持ち地面に強いという点で、ミライドン構築に自然に入れることが出来た。その上でパオジアンと大きく差を付ける要素としては、「相手のパオジアンへの強さ」「守る無効」の2点が挙げられる。具体的に、相手のパオジアンに対して、耐久振りと元の耐性、高火力先制技により有利に立ち回りがしやすい。守る無効は「グライオン」「チオンジェン、白バド等の宿り木勢」「ヘイラッシャ」等の残飯やポイズンヒールで回復する耐久ポケモンに有効である。

上記の役割を遂行するため、また単純に打ち合いで強くするために拘り鉢巻を持たせている。このおかげで、ヘイラッシャに対してもエレキフィールドの眠り無効と合わせてほとんど択無く崩すことが出来た。

蜻蛉返りは、白バドに宿り木を入れられた際に交代しながら不一致拘り抜群の高火力を押し付ける手段として採用したが、それ以外にも「釣り交換のケア」「定数ダメージとしての削り」など、汎用性も高く使いやすかった。

ハバタクカミ@ブーストエナジー 古代活性

テラスタイプ:炎

臆病143(100)-54(個体値0)-107(252)-158(20)-156(4)-189(132)

 

ムーンフォース マジカルフレイム 甘える 痛み分け

 

HB-特化パオジアンの-2氷柱落とし+-4氷柱落とし+-4礫確定耐え

特化コライドンの-2鋼テラスアイアンヘッド確定耐え

特化ディンルーの-2ヘビーボンバー+-4ヘビーボンバー77.7%耐え

特化コライドンの-2炎テラスフレアドライブ9/16耐え

HD-特化ミライドンの-1電気テラスイナズマドライブ確定耐え、臆病眼鏡ミライドンの-1イナズマドライブ確定耐え

S-準速135族抜き抜き(スカーフミラコラ意識)

C-ムンフォでH4イーユイ76.2%で2発

炎テラスマジカルフレイム×2で252-4ザシアン確定

 

パラドックスの神。

構築にコライドンがいない場合は、従来と同じく古代活性を自ら発動させない限り襷スカーフ以外で行動保証を得るのは難しいため、シンプルにブーストエナジーで採用。その上である程度HBに振り、多くの禁止伝説への行動回数を確保した。

「マジカルフレイム+甘える」の物理特殊へのデバフと痛み分けでの回復で殴り合いがとても強く、パオミライコライはもちろん、ミライドンが呼ぶガチグマやチョッキ枠にまで勝つ事が出来て、構築に噛み合っている。また、パオジアンとハバタクカミを見てハッサムを選出されることが多かったので、マジカルフレイムでイージーウィンすることも出来た。

炎テラスは、炎技が強いコライドンに対しての強い耐性テラスであり、元のタイプと合わせてコライドンに滅法強くなる。また、ザシアンにも選出出来る理由になる。

ランドロス@突撃チョッキ 威嚇

テラスタイプ:鋼

意地195(244)-200(132)-111(4)-*-116(124)-112(4)

 

地震 地均し 蜻蛉返り 瓦割り

 

HB-陽気ザシアンの抜群テラバースト最高乱数切り耐え

HD-臆病黒バドのアストラルビットを93.7%で2耐え

臆病ハバタクカミの眼鏡ムーンフォース73.8%で2耐え

A-出来るだけ高く

H4ザシアンを地震で確定

無振りミライドンに1地震が188~

S-準速60族と同速

 

補完の鬼。

地面でありながら飛行を持ち合わせている唯一無二のポケモン。今回は、「威嚇+突撃チョッキ」による物理特殊両方への対面性能・サイクル性能の高さを評価して採用した。現環境は浮いてる枠がいない構築も多く存在したため、「火力のある地震」の強さを実感した。

また、スカーフミライドンの弱点として、相手のスカーフ黒バドレックスやブーストエナジー勢(カミツツミ)に上を取られるというものがあるが、それらに対して「地均し」でS操作を行うことで上を取れる状況を作ることが出来る。

地均しと合わせて瓦割りを採用することで、壁+シードミライドンに対して「壁を破壊して殴る」「こちらのスカーフミライドンを抜くために高速移動を2回積むことを強要させる」ことで抵抗力を持たせた。しかし、瓦割りを採用してから壁+シードミライドンとマッチングすることは無かったため、瓦割りはシーズンで一度も選択することが無かった。

テラスタイプは、元タイプと相性が良く、ミライドンのフェアリー技や氷テラバースト、ハバタクカミやザシアンの一致技に強くなれる鋼。

キョジオーン@食べ残し 清めの塩

テラスタイプ:水

腕白207(252)-120-184(140)-*-125(116)-55

 

塩漬け 守る 地割れ 自己再生

 

HB-特化ウーラオスの水流連打がずれるライン

HD-ガチグマの大地+ハイボ(残飯×2)と180カミの+2テラスムンフォシャドボの乱数がかなり変わる

残飯2回込み、特化イーユイの悪波98%で2耐え

臆病黒バドレックスのリーフストーム確定耐え

 

バグポケモン

「清めの塩×塩漬け×高耐久自己再生」の性能は、禁止伝説環境になっても顕在。むしろ、高火力環境になったことで隠密マントという受動的に機能するアイテムの採用率がかなり減少したため、塩漬けの通りが良くなっていた。

塩漬け守る自己再生は確定していたが、ルナアーラに対して崩すのは不可能だと思ったので、残りの一枠にはそこを打開出来る地割れを採用。しかし、最終日には一度もルナアーラとマッチングすることもなく、最終日の朝6時以降には一度も地割れを当てるどころかそもそも選択することさえ無かったため、他の技の方が良かったと思う。

水テラスは地面テラスの範囲まで考慮してザシアンに強くするための採用。しかし、ザシアンのパワーが高すぎて貫かれることも少なくなかったため、身代わりや鉄壁等、剣舞ザシアンに対してもう一段階強くする工夫をする方が良いと感じた。

 

要点

超火力を安定して使う +

組み始めであるミライパオウーラは、対面性能がある程度高いながらも、組み合わせとしての崩し性能の高さが異常であり、他で何も対策せずともほぼ全ての受けの並びを崩せてしまう程である。しかし、ザシアンやコライドンのような火力の高い禁止伝説は厳しいこともあった。そこで、クッションやハバタクカミを採用することで、それらの構築にも安定した強い殴りを行うことが出来る構築を目指した。

 

美しく強い並び

タイプや種族値の相性が良い並びを使うことで、選出画面の圧力で相手をがんじがらめにすることを意識した。

 

重いポケモン

ザシアン

パオカミウーラに強く、受けにくいザシアンがシンプルにきつかった。ただ、どうしようもないということもなく、先制技やスカーフでの縛りは継続しつつ、キョジオーンの技構成を工夫する等して、もう少し厚くした方が良かったと思う程度。

結果

TNスカーレット 最終6位-2209 77-23

TNスカーレット 最終22位-2155 90-42

最後に

S18は時間があまり無かったですが、1戦1戦を大切に行うことで、少ない対戦数から多くの情報を吸収することを意識しました。そのおかげもあり、最終日には使いやすい構築を作り、しっかりプレイングを集中して、最終1桁を取ることが出来て良かったです!

しかし、S17と同じく寝すぎたことも原因で最終的に時間が足りなかったので、もう少しレート上げや時間調節を上手くやろうと思いました。また、構築に明確な改善点を残したままシーズンが終わってしまいました(試す時間が無かった)。このような事は、最終日に突貫で組んでいるから起こることだと思うので、もう少し余裕を持って組みたいなとも感じます。

この反省を活かし、次のシーズンでは、序盤から最終日まで出来る限りの死力を尽くして1位を目指していこうと思います。

ここまで閲覧ありがとうございました。

最終日対戦動画

 

 

 

【S17最終9位】ディンカイサーフ終

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS17で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

・強いポケモンの理に適った組み合わせで勝つ

構築経緯

雑多環境であるS17では、絶対的な対応範囲が広い構築を使うことが理に適っていると考え、ゴツメカイリュー+眼鏡サーフゴーを採用した。

この2体を使う上で、初手に置いて相性の良いポケモンを採用したかったので、多くのステルスロック撒きに対して圧力をかけることが出来ることを評価して、カイリューサーフゴーとの相性も良い襷水ウーラオスを採用した。

また、カイリューサーフゴーは毒びしが効かずにサイクルを破壊していけるのが一つの大きな強みであり、「ステルスロック」「対グライオン性能」を@1で担うことが出来れば受けに寄ったサイクルに有利を取ることが出来ると考えて、眠るディンルーを採用した。

次に、カイリューサーフゴーのメタであるトドロクツキやタケルライコに強く、対面選出に加わることが出来るオボンパオジアンを採用。電気テラスにすることで、タイプ受けサイクルと電磁波(電気玉)+ステルスロックに耐性を付けた。

最後に、カイリュー・パオジアン・ウーラオスとの相性が良く「テラスを必要としない」殴れる駒となれるエナジーハバタクカミを採用。

構築が完成した。

個体紹介

ディンルー@食べ残し 災いの器

テラスタイプ:電気

腕白257(212)-*-168(60)-*-130(236)-65

 

眠る 吹き飛ばし 撒き菱 ステルスロック

 

H-16n+1

HB-出来るだけ高く

HD-特化イーユイの眼鏡テラスオーバーヒート10/16耐え

 

厄災の王。

S11と同じく「撒き菱+ステルスロック+吹き飛ばし」により、受け攻めに一貫した削りを行うことが出来る。

以前の環境との違いとして、グライオンの採用率が上昇し、従来のディンカイサーフではピーキーな試合になりがちということがあったため、ラスト枠には毒毒に耐性を付けることが出来る「眠る」を採用。グライオンが採用されるされないに関わらず「相手視点有限である高耐久のポケモンが急に復活する」ということ自体が遂行速度が極端に遅い構築に滅法強く、採用してからママンボウやヘイラッシャを軸とした受けベースの構築に全勝することが出来た。

しかし、対面で削りの手段を持たないことから、「カタストロフィが無いせいでランドロスがきつい」「ヘビーボンバーが無いせいでパオジアンがきつい」のような事が起きてしまい、どうしてもきつくなる試合もあった。ただ、それでも尚S17環境では「受けループに勝つ」ことが重要であったと考える。

ディンカイサーフのメジャーなメタとして、ウーラオス+タケルライコの「ディンルーにテラスを切らせて、タケルライコを通す」という考え方があるが、それに対して、「ディンルーがテラスを切っても、電気タイプの一貫を切れるようにする」事で比較的有利に戦うことが出来ると思い、テラスタイプは抜群が少なく電気を半減出来る電気テラスとした。

カイリューゴツゴツメット マルチスケイル

テラスタイプ:ノーマル

意地197(244)-204(252)-117(12)-*-120-100

 

神速 地震 アンコール 羽休め

 

A-特化

HB-テラス時、A特化カイリューの+1スケイルショット5発99.9%耐え

 

ラスタルの王。

「マルチスケイルの行動保障」「アンコール+羽休めでの詰ませ」「神速+地震の削り」がテラス択に依存しないゲームをする上で大切だと思い、シンプルな型で採用したが、最強であった。カイリューは、これらの強みを特別な要素(スケイルショット、氷柱落とし)(黄金の身体)(アーマーガアや浮遊)以外に対しては、相手がどんなポケモンを使っていても上記の性能を発揮する事が出来るのが他のポケモンとの大きな差である。

ゴツゴツメットは、羽休めやマルチスケイルに意味を持たせることが出来る、S1からS17現在まで不変の強さを持つ最強のアイテムである。

 

サーフゴー@拘り眼鏡 黄金の身体

テラスタイプ:鋼

控えめ175(100)-58(個体値0)-189(148)-112(4)-136(252)

 

ゴールドラッシュ シャドーボール 10万ボルト トリック

 

HB-特化水ウーラオスのテラス水流連打98.9%耐え

HD-臆病ハバタクカミのシャドーボール14/16耐え

S-準速

C-最強になるため余り全て

 

最強特性ポケモン

今回は、ゴツメカイリューとの相性の良さを考えて、基本に忠実にS振りの眼鏡で採用した。

「アンコール+トリック」での詰ませはもちろんだが、「神速+高火力で詰める」「ステルスロックゴツゴツメットで削った襷ポケモン(イダイトウ等)やマルチスケイルカイリュー上から一発で縛る」等の強みがある。

テラスタイプは、「無効の無い高火力の技の火力を上げられる」ことが受け構築に刺さり、エナジーハバタクカミに対しても強くなれる、鋼テラスで採用した。

自己再生もTOD判定勝ちが出来たり定数に耐性が付き相当強いので、10万ボルトの枠はかなり悩んでいたが、実際に回したところ想定よりも受け崩しが容易だったため、最終的には縛れる範囲を最大化出来る10万ボルトを選択した。

パオジアン@オボンの実 災いの剣

テラスタイプ:電気

意地165(76)-187(236)-101(4)-*-86(4)-179(188)

 

氷柱落とし テラバースト 氷の礫 剣の舞

 

A-11n

S-最速オーガポン(ラティ)抜き

HB-特化水ウーラオスのテラス水流連打確定耐え

特化カイリューのテラス神速を92.6%で2耐え

HD-169ハバタクカミのテラスドレインキッス92.6%で2耐え

 

厄災の牙。

氷+電気の範囲がタイプ受けサイクルに強いポケモン。崩し性能は技範囲と剣舞で十分だったので、オボンの実を持たせて対面性能を確保した。

氷の礫は、トドロクツキに強いのはもちろんだが、襷水ウーラオスと合わせて選出した際に「アクアジェット+氷の礫」で耐久が低いエナジーハバタクカミを身代わりや甘えるの択を無視して上から縛ることが出来るのが強い。

パオカミウーラ選出では、相手のパオジアン・ウーラオスをこちらのウーラオス・ハバタクカミで殴ることで、「氷の一貫を作る」ことを明確なゴールとしていた。

ハバタクカミ@ブーストエナジー 古代活性

テラスタイプ:ステラ

臆病131(4)-54(個体値0)-75-187(252)-155-205(252)

 

ムーンフォース シャドーボール テラバースト 身代わり

 

C-ぶっぱ

S-最速

 

パラドックスの神。

2手目・3手目に投げてスイープするというシンプルな仕事だが、テラス無しでこのパワーを出せるポケモンは他に存在しないため、迷わず採用した。

最速エナジーにすることで「カイリューに強い」「HBが硬いエナジーカミを上から殴れる」という強みがある。

対面選出の際に種族値のパワーで押されやすい、テラスタル込みのカイリューやガチグマに耐性を付けたるため、ステラ×テラバーストを採用した。

水ウーラオス@気合いの襷 不可視の拳

テラスタイプ:ゴースト

意地201(204)-200(252)-121(4)-*-81(4)-123(44)

 

水流連打 インファイト アクアジェット 冷凍パンチ

 

A-特化

HB-特化カイリューのスケイルショット5発+神速99.2%耐え

特化パオジアンのサイコファング+不意打ち91%耐え

HD-無振りガチグマのブラッドムーン+真空波65.2%耐え

S-準速キノガッサ抜き(遅い水ウーラオス、ブリジュラス、タケルライコを抜ける)

 

武道熊師。

特別なポケモンを用意しない限り受からない火力と範囲がありながら、多くのステルスロック撒きに強いのが唯一無二の最強の襷ポケモンである。

また、ディンルーが呼ぶ「高火力」「挑発・アンコール」を持ったポケモンに軒並み強いことも、この構築での大きな強みである。

さらに、選出画面の圧力から呼びがちな炎オーガポン、スケイルショットカイリューサイコファングパオジアン、「スカーフとんぼ返り+眼鏡サーフゴーを考えてテラスタルを切らない残飯ガチグマ」に強くなれるよう耐久に振ったところ、数的有利を取れる回数が増えて勝率を高めることが出来た

氷技に関しては、スケイルショット以外のカイリューに対して有効に働きやすい冷凍パンチを採用したが、実際に朝の対戦で1度カイリューを凍らすことで捲ることが出来たので良かったと思う。

テラスタイプは、ドレインパンチと神速を意識してゴーストテラス。途中まではドーブルバトンに対してのメタとして草テラスで採用していた。

ジャポカミが明確な弱点だが、スカーフ水ウーラオスを考えて出されない可能性と個体数の少なさを考えて割り切ることにした(最終日3回当たって1-2)。

 

要点

カイリューサーフゴーの絶対性

S17は数多くのポケモン・構築系統が存在する雑多環境であったため、カイリューサーフゴーの圧倒的な対応範囲の広さが有効であった。

いなし・崩し・詰めを柔軟に行うということ

性能が高いポケモンを組み合わせとして強く扱えるような構築にすることで、受け構築・スタン構築・展開構築の様々な種類の構築に対して、3体で出来るだけ対応することを目指した。

 

選出

相手の構築に合わせて柔軟に選出するが、この構築がステルスロックに対して後出しじゃんけんの耐性(厚底ブーツ等)がある構築ではないため、出来るだけ

 

ブリジュラス→水ウーラオス@2

コノヨザル→パオジアン@2

ディンルー→水ウーラオス@2

ランドロス→水ウーラオスorパオジアン@2

 

のように、ステルスロックを撒けるポケモンがいるかつステルスロックを撒いてきそうな場合は、初手を決めてから展開を逆算して裏の選出を合わせることを特に意識していた。

 

 

重いポケモン

単体で無理だと感じたポケモンはいなかったが、組み合わせできついものがあった。

 

キョジオーン+パオジアン(ディンルーにヘビーボンバーが無いため)

ランドロス+イーユイ(ディンルーにカタストロフィが無いため)

等。

また、カイリューを出しにくい構築の炎オーガポンも厳しめであった。

 

結果

TNスカーレット 最終9位-2157 95-41

 

TNバイオレット 最終57位-2079 128-67

最後に

S17及びレギュレーションFお疲れ様でした。

今期は最終日に構築を組みましたが、冷静に環境を把握して構築を選択することが出来たのは良かったなと思います。その上で、最後までプレイに集中し、結果的に最終1桁まで上げることが出来たのは素直に嬉しいです!

特に、朝7時以降に打たれた絶対零度が2回とも一発被弾でしたが、それに対しても「目の前の試合にちゃんと集中する」ということを徹底し、何もブラされることなく集中出来たのは良かったなと思います。

また、来月からはレギュレーションが変わり、ディンカイサーフパオカミウーラの並びはまともに使えなくなるため、意図せずとも禁止伝説前最後のシーズンに使えたことは嬉しく思います!

また1位目指して頑張ろうと思います!

最終日対戦動画

 

 

 

【S16最終15位.21位】カミオーガ結

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS16で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

・強いポケモンで、負け筋を潰しながら柔軟に対応出来る構築

・ルールの変更に依存せず、客観視して一番強いと思うものを使う

構築経緯

様々な構築・ポケモンを使ったが、現環境の使用率が高いポケモンの「ステルスロック」「絶対零度」「剣舞・竜舞・瞑想」「炎テラスオーガポン・鉢巻・眼鏡の高火力」「挑発・アンコール」等の存在を考えると、サイクルを3体で回すことは不可能だと思ったので、スタンパに対して対面ベースで殴り合う(=対面性能が高いポケモンを選出する)ことから構築を考えることにした。

その際、残飯毒テラス真空波ガチグマを軸としたシーズン13に使っていた構築

https://mega-salamance.hatenablog.com/entry/2024/01/04/090000

が最も合っていると思ったので、ブラッシュアップを行うことにした。
まず、並びは代替案も考えた上で結局そのままの形が一番パワーが出て強いと思ったのでそのままに。

また、S13の対戦の振り返りと、レギュレーションFを照らし合わせたところ
ガチグマ ハバタクカミ 水オーガポン 悪ウーラオス カイリュー
の5体の選出率が高く、これらの出しどころはS16現在でも健在なので、ベースは変えないことにした。
次にキラフロルの出しどころと構築の改善点を考えたところ

キラフロルを出していたのが
①キョジオーン入り
②受け構築
③シルクガチグマなど、ステロ展開が刺さるパターン
④イーユイ絡み(悪ウーラと合わせて)

構築の明確な改善点が
グライオン系の受けがきつい

等であったので
これらに対して合うようにキラフロルの微調整を行うことにした。

考えたところ
グライオンに対して風船まきびしキラフロルが強く出ることが出来、出しどころであるシルクガチグマにも自然と強くなれるのが良いと思ったので、採用。

その他、細かい部分を調整し、構築が完成した。

個体紹介

ガチグマ@食べ残し 心眼

図太い220(252)-67(個体値0)-158(28)-155-114(228)-57(個体値0)

テラスタイプ:毒

 

ブラッドムーン 真空波 欠伸 月の光

 

HB-意地水流連打の乱数がずれるライン

毒テラス時、特化カイリュー地震残飯込み確定2耐え

HD-特化ガチグマのノーマルテラスブラッドムーン14/16耐え

臆病テツノツツミの眼鏡テラスハイドロポンプ75%耐え

 

最強の熊。

S13ではトリックルームガチグマに耐性を付けることが出来る最遅で使用していたが、水オーガポンや悪ウーラオスで十分戦うことが出来ていたので、ヘイラッシャ上ママンボウ下のS実数値57に変更した。

レギュレーションが変わっても使用率の高いポケモンへの強さは健在であったが、新ポケモンである「ラティ系統、アシレーヌ、ブリジュラス(型次第)」等の高火力の特殊アタッカーが楽でないため、その点以前と比べた動かしにくさを感じた。

S15でディンルーが絶対零度や地割れでかなり破壊されたが、今回は一度も初手から打たれることが無かった。その共通認識の差が一番の強みだと思う。

 

水オーガポン@井戸の面 貯水→面影宿し

腕白187(252)-141(4)-145(220)-*-118(12)-133(20)

テラスタイプ:水

 

ツタ棍棒 アンコール 宿り木の種 光合成

 

HB-172+1ツタ棍棒14/16耐え

特化パオジアン鉢巻テラス嚙み砕く確定耐え

特化カイリューの+1スケイルショット少し余裕を持って確定耐え

HD-特化ガチグマのノーマルテラスブラッドムーン+ハイパーボイスを対面テラス宿り木→光合成連打で完封出来る(回復していく)

S-準速カイリュー抜き

 

ポンの鬼。

S13,15と同じ型となっているが、この耐久ラインをかなり信頼しているので技構成ともに継続した。

HBに振ることで相手の炎テラス炎オーガポンを無理矢理ストッパーする役割を担っていたが、S16環境では「アンコール」の採用が増加しており、立ち回りが難しいことがあった。

宿り木の種+アンコールは、技選択による捲りがかなり行いやすく、プレイングで差を付けやすい最強のコンボである。

 

ハバタクカミ@ブーストエナジー 古代活性

臆病141(84)-54(個体値0)-93(140)-180(196)-156(4)-182(84)

 

テラスタイプ:ステラ

 

ムーンフォース シャドーボール 瞑想 身代わり

 

HB-A4キョジオーンの塩漬けを身代わりが最高乱数切り耐え

HD-D+1時、特化ガチグマのテラスブラッドムーン+真空波確定耐え

D+1時、特化ハバタクカミの眼鏡シャドーボール最高乱数切り耐え

C-出来るだけ高く

ステルスロック++1テラスシャドーボールでH252D4オーガポンを最低乱数以外落とせる

ステルスロック+等倍ムーンフォースで無振りパオジアンを14/16で落とせる

ステルスロック+シャドーボールで無振りイダイトウを最高乱数以外落とせる

S-出来るだけ高く(相手の瞑想身代わりハバタクカミを抜きたい)

 

パラドックスの神。

直近5シーズンのうち4シーズンはSエナジー×瞑想+身代わり型を使用していたが、常に最強であった。

早い炎オーガポンが増えたことで、シャドーボール+ステラシャドーボールで落とせることがあり、C振り×ステラの恩恵を感じた。

定数×Sエナジー身代わりは、SV環境における一つの結論である。

 

キラフロル@風船 毒化粧

図太い190(252)-67-145(172)-150-112(84)-106

テラスタイプ:ノーマル

 

キラースピン パワージェム ステルスロック 撒き菱

 

HB-陽気水ウーラオスの鉢巻水流連打2発91.4%耐え(落とされるが、ゴツゴツメットを3回入れることが出来る)

特化パオジアンの鉢巻テラス嚙み砕く確定耐え

特化パオジアンの鉢巻サイコファング11/16耐え

HD-特化ハバタクカミの眼鏡テラスシャドーボール75%耐え(198なら最高乱数切り耐え)

特化イーユイのサイコキネシス75%耐え

特化イーユイの眼鏡悪の波動13/16耐え

 

耐久振りのステルスロックプロ。

「毒化粧」による選出圧力と、キラースピンやステルスロックでの展開の選択肢の多さの強みは今も健在である。

キラースピン無効の特殊アタッカーであるブリジュラスがいる際に選出し辛いのがネックだが、ブリジュラスは「スタンパ」「ランドロス+アシレーヌ+ブリジュラス」に入っている場合がほとんどだったので、他のポケモンを気持ち良く選出出来る以上、そこはあまり問題に感じることは無かった。

S13の課題として、受け破壊の不足があったので、確実に刺さる「撒菱」を採用し、完封出来る範囲を作る「風船」を持たせた。

これにより、ドオー入りの受けループ・グライオン入りの受けループに勝つことが出来たので、変更は正解であった。

従来はキョジオーン入りに選出した際の初手水ウーラオスへの解答が「ゴツゴツメット」であったが、S13と比較して「サイクルのキョジオーン構築」は減少していたので、上手く環境に適応させることが出来たと思う。

 

悪ウーラオス@気合いの襷 不可視の拳

意地175-200(252)-121(4)-*-80-149(252)

テラスタイプ:悪

 

暗黒強打 不意打ち ドレインパンチ 剣の舞

 

A-特化

ゴツゴツメット3回++2テラス不意打ちでB4水ウーラオスを最高乱数切って落とせる

S-準速

B-陽気水ウーラオスの鉢巻水流連打確定耐え

 

武道熊師。

確定急所・悪1/4・ゴースト半減によるマイナーパやイーユイ、イダイトウの対する性能は相変わらず唯一無二である。 

特に、「守る貫通×確定急所×剣の舞×不意打ち」は汎用性が高いながらもギミックパや一部のサイクル構築を破壊する要素となるので、パオジアンとの大きな差別化となる。

この考え方は、「様々の構築」とマッチングするランクマッチのシステムと噛み合っており、スタンパだけを考えず絶対的な対応範囲を最大化することの重要性を再認識した。

 



カイリューイカサマダイス マルチスケイル

意地197(244)-176(44)-116(4)-*-121(4)-127(212)

テラスタイプ:フェアリー

 

スケイルショット 地震 竜の舞 羽休め

 

A-11n

ステルスロック+1スケイルショット5発でB4ウーラオスを確定

S-+1時準速パオジアン(ハバタクカミ)と最速トドロクツキ、オオニューラを抜ける

HBD-残り全て

 

ラスタルの王。

S13ではミラーの行動保証を重要視してBを調整していたが、振り返ったところそのような場面が一度も無かったので、主にウーラオスを縛りやすくすることを意識してAに回した。

マルチスケイルが最強であり、選出出来た際の勝率が高いので、ステルスロックを拒否出来る理由があるときは積極的に選出することを心がけた。特に、S16環境ではアンコールを持った炎オーガポンが多く水オーガポンが動かしにくかったので、炎オーガポンに対して出来るだけカイリューを投げることを意識していた。

スケイルショット+地震の技範囲が広いのは当然だが、この技構成にすることでカイリュー+サーフゴーやカイリュー+キョジオーンへの破壊力が格段に上がるため、「黄金の身体」「清めの塩」が弱点である欠伸真空波ガチグマと合わせることが理に適っている

 

要点

タイプ相性と技を最大限駆使する強さ +,or+

安定した殴り合い、タイプ相性を活かした技(アンコールやステルスロック、積み)による捲りを構築に組み込むことで勝率を高めることを目指した。

相手視点見えにくい展開ずらし ,,

既存に無い要素を持つ強い型を使うことで、自分視点のみの安定行動で有利な展開を作りやすくしている。

 

シーズン・ルールを超えた構築の改善 

対戦のフィードバック、考察を行い、そのシーズンの環境・ルールに合うように改善することで、適応を目指している。フルパワーで戦えるルールでなくとも、勝率を最大限高めるための思考をすることそのものが大切である。

 

選出

基本的にはS13の時と同じ。

キョジオーン構築にガチグマを投げる選択肢を持つこと、炎オーガポンやサーフゴーを重く見てカイリューを選出をすることを新たに考えていた。

重いポケモン

単体は特に感じなかったが、構築単位の組み合わせとしてきついものはあった。(見えにくい厚底ブーツテツノツツミ入りのママンボウ構築等)

結果

TN スカーレット 最終15位-2180 143-78

 

TN スカーレット 最終21位-2164 99-40

 

最後に

シーズンお疲れ様でした!

今期は、スケイルショット外しで2200↑から負けてしまい、その後の最終戦も早く終わらせることのみを考えてダメージ計算や裏読み型読みを怠って負けてシーズンが終わりました。目指しているのは一桁順位以上なので後悔は無いですが、もう少し冷静な判断(時間を見て1桁諦めて目の前の対戦に集中する)が出来れば良かったかもしれないです。

ただ、レギュレーションEとほぼ同じ構築を使っており、そもそも構築単位で不利な相手に順当負けもあったので、総合的に見るとスケイルショット外しで負けたことも、不利な相手にマッチングしてと思えば確率負けと言い張るのは結果論でしか無いのかなと思います。正直、これ以上この形の構築を強くする方法は分からなかったので、ルール・シーズンを超えることには限界があると感じました。

ここ2シーズンは1位への渇望が薄くなってきていますが、それはレギュレーションFは自分の中で嚙み合いを綺麗に抜け出すのが難しく、(S4,7,11,13あたりの構築と比べると)構築を上手く組めていないと深層心理で感じているところもあると思うので、そこは深く考えず、思考をし続けることだけは徹底していこうと思います。

思考を重ねた果てで1位を目指せる確信を取り戻し、また1位を目指していこうと思います。改めて考えると「強い構築とプレイングで最強の証明をする」ことが僕の一番のポケモンのやりがいなのだと思います。

ここまで閲覧ありがとうございました!

最終日対戦動画

 

 

 

【S15最終12位】超越カミオーガ

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS15で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

・崩しと殴りの両立

エナジーカミの同速勝負をしない

 

構築経緯

S13の水オーガポン+エナジーハバタクカミの裏からの展開はレギュレーションFでも通っているものの、初手枠のガチグマorキラフロルが眼鏡ブリジュラスに破壊されることからS14では使用を諦めた。
しかし、改めて整理して考えてみたところ、初手枠を新たに考えれば良いという当たり前のことに気付いたので、裏と相性の良い「ステルスロック」「強い毒テラス」を両立出来て「災の器」による圧倒的耐久により眼鏡ブリジュラスでも終わらない、残飯ディンルーを採用し構築が復活。

ディンルー+水オーガポン+ハバタクカミを軸に構築を組み始めた。

軸の対応範囲は非常に広く多くの構築に選出することが出来たが、
①地割れ•炎技(ツタ棍棒orイーユイ)が一貫している
②水オーガポン•ジャローダキノガッサ等の水オーガポンで勝てない草タイプがきつい

を解決したかったので、、タイプ上①に適しており②にも抗えそうなカイリューを採用。型は、地割れを無効化することに意味を持たせられるアンコールを確定。

また、水オーガポン+ハバタクカミはトドロクツキやステルスロック+サイコフィールド+オオニューラのような一部の積みアタッカーが止まらなかったので、カイリュー厚底ブーツにして、合わせて積みをケアした選出を作れるスカーフサーフゴーを採用。

6体目は最終日朝まで悩んでいたが、最終的には、軸で出来れば来ない方が楽な相手の炎オーガポン・パオジアンに圧力がかかり、重めなディンルー+水オーガポン受けのサイクルを破壊することが出来る飛行テラス挑発イーユイを採用。裏の対面駒に最も打ち合える可能性が高い気合いの襷を持たせた。

 

構築が完成した。

個体紹介

ディンルー@食べ残し 災いの器

テラスタイプ:毒

腕白256(204)-131(4)-181(156)-*-118(140)-66(4)

 

守る 吹き飛ばし ステルスロック 地震

 

H-16n

HB-パオジアンに対して効率が良いライン

HD-特化ガチグマのブラッドムーン、ハイパーボイスがずれるライン

A-B4パオジアンを地震で87.5%の乱数二発

S-端数

 

厄災の王。

今回のディンルーの特筆すべき点は「残飯×守る」の組み合わせである。これにより、「体力管理をして行動回数を増やす」「アンコールや挑発等のディンルー対策を様子見出来る」等の動きが出来、多くのディンルー対策を返り討ちにすることが出来た。また、今回の構築では水オーガポンの宿り木の種やイーユイの鬼火等の定数ダメージを重ねる方法としてのシナジーもある。

地震は、ディンルーを見て出て来るアンコールや挑発を持った炎オーガポンに抵抗出来るのはもちろんだが、場持ちの高さを活かして裏から出て来るハバタクカミや鋼テラスカイリュー、炎オーガポンへの詰めとなるのが良かった。

S13で似た役割を担っていたガチグマと比べると、対パオジアン・ウーラオス性能は低くなるが、ステルスロック+吹き飛ばしでの受け破壊性能」「ハバタクカミへの強さ」「特殊耐久の高さ」に優位性を感じた。特に、受けに選出可能なことは大きく、受け攻めの並びへのこちら視点の選出択をかなり減らすことが出来た。

テラスタイプは毒。抜群が取られにくく、ハバタクカミと毒の定数に強いタイプである。

水オーガポン@井戸の面 貯水→面影宿し

腕白187(252)-141(4)-145(220)-*-118(12)-133(20)

テラスタイプ:水

 

ツタ棍棒 アンコール 宿り木の種 光合成

 

HB-陽気オーガポンの+1テラスツタ棍棒14/16耐え

特化パオジアン鉢巻テラス嚙み砕く確定耐え

特化カイリューの+1スケイルショット少し余裕を持って確定耐え

HD-特化ガチグマのノーマルテラスブラッドムーン+ハイパーボイスを対面テラス宿り木→光合成連打で完封出来る(回復していく)

S-準速カイリュー抜き

 

ポンの鬼。

毒テラスタル裏目である地面技を半減にしてサイクルを回すことが出来、毒テラスタルやハバタクカミと合わせて水ウーラオスの一致技の一貫を切ることが出来るのが強み。また、ステルスロック+エナジーハバタクカミにテラス無しで対抗出来る数少ないポケモンである。

S13と比較すると、レギュレーションFではブリジュラスやタケルライコ、アシレーヌ等突破されにくいポケモンが環境に増えたことと、エナジーハバタクカミのSラインが上昇し水テラスが減少(ステラが増えた)したことからツタ棍棒の価値が高くなっているのが追い風であった。逆に、以前と比べて水オーガポンやジャローダのような天敵の採用数が明らかに増えたので、そこのケアをもう少し厚くした方が良いかなと感じた。

ハバタクカミ@ブーストエナジー 古代活性

テラスタイプ:ステラ

臆病141(84)-54(個体値0)-93(140)-180(196)-156(4)-182(84)

 

ムーンフォース シャドーボール 瞑想 身代わり

 

HB-A4キョジオーンの塩漬けを身代わりが最高乱数切り耐え

HD-D+1時、特化ガチグマのシルクテラスブラッドムーン+真空波確定耐え

D+1時、特化ハバタクカミの眼鏡シャドーボール最高乱数切り耐え

C-出来るだけ高く

ステルスロック++1テラスシャドーボールでH252D4オーガポンを最低乱数以外落とせる

ステルスロック+等倍ムーンフォースで無振りパオジアンを14/16で落とせる

ステルスロック+シャドーボールで無振りイダイトウを最高乱数以外落とせる

S-出来るだけ高く(相手の瞑想身代わりハバタクカミを抜きたい)

 

パラドックスの神。

鉢巻逆鱗の一貫を切りつつ、水オーガポンの宿り木アンコールと合わせてスケイルショットカイリュー、水ウーラオスへの詰めをエナジーの超速で行える最強のポケモン。また、今回の構築ではほとんどディンルーを選出したことからステルスロックを絡むことが多く、襷やマルチスケイルで止められることが少なくエナジー+積みの強さを感じた。

キョジオーンやグライオン+モロバレル+ママンボウのようなサイクル構築に対しても、身代わり+瞑想があることでステルスロックや宿り木の種と合わせて基本選出で有利寄りな立ち回り勝負に持ち込むことが出来る。

 

カイリュー厚底ブーツ マルチスケイル

テラスタイプ:ノーマル

意地197(244)-204(252)-116(4)-*-121(4)-101(4)

 

神速 地震 アンコール 羽休め

 

A-特化

HBD-余りで出来るだけ高く

 

ラスタルの王。

今回は補完枠としての採用。「毒菱•地割れ無効」「厚底ブーツマルチスケイル+アンコール」という要素により、ドヒドイデ•ヘイラッシャ•ステルスロック+積み構築に選出出来るようにしている。

A特化の地震+神速は、ステルスロックと合わせるとかなり縛れる範囲があり強かった。

しかし、軸で止まらないステロ+積みの代表格であるトドロクツキの「硬い羽休め(ゴツメ飛行テラスに1負け)」「スケイルショットによるマルチスケイル貫通」により破壊されるのが難点である。

サーフゴー@拘りスカーフ 黄金の身体

テラスタイプ:鋼

臆病171(68)-58(個体値0)-124(68)-178(196)-112(4)-138(172)

 

ゴールドラッシュ シャドーボール 10万ボルト トリック

 

HB-特化水ウーラオスのグローブ水流連打+アクアジェット瀕死率14.7%

陽気パオジアンの不意打ち最高乱数切り耐え(意地は6/16耐え)

特化パオジアンの鉢巻氷柱落とし2ターン瀕死率89.8%

HD-臆病テツノツツミの眼鏡ハイドロポンプ14/16耐え

臆病ハバタクカミのシャドーボール12/16耐え

S-最速テツノツツミ抜き

C-余り全て

 

最強特性ポケモン

今回は補完枠としての採用であり、カイリューと合わせた毒びし、ステルスロック+積みへの対抗手段として選出していたが、ステルスロックがあるだけで、イーユイやテツノドクガのようなメジャーなサーフゴー受けを崩せるのが相変わらず強かった

また、鉢巻氷柱落としの一貫を切れるスカーフ枠であるので、鉢巻パオジアン+ママンボウのような構築に選出することも出来る。この際、耐久振りにより鉢巻氷柱落としを2耐えするのが便利であった。

しかし、不意打ちが痛いスカーフ枠であり、トドロクツキの叩き落とすがカイリュー+サーフゴーに一貫してしまうので、パオジアンとトドロクツキに窮屈であった。軸で楽ではないポケモンが更にきつくなってしまったので、「新しい構築を組んだときは、固定観念に囚われず補完枠を考える」ことが重要だと再認識した。

イーユイ@気合いの襷 災いの珠

テラスタイプ:飛行

臆病131(4)-*-111(84)-183(220)-141(4)-159(196)

 

オーバーヒート 悪の波動 鬼火 挑発

 

HB-火傷した特化水ウーラオスの水流連打85.7%耐え

S-最速ランドロス抜きグライオン抜き

C-余り全て

 

火力バカポケモン

ここまでの5体でほとんど選出が完結していたので、選出圧力とピンポイントの役割がハマると思い採用。「災いの珠」の火力が凄まじく、隙を見せると崩壊させるパワーがあるので、「スカーフイーユイにスイープされないようにする」「スカーフイーユイにワンパンされるポケモンを置かないようにする」のような誘導を行うことが出来る。これにより、基本選出で出てこない方が楽な「パオジアン•裏からの炎オーガポン•火力アップアイテムを持ったガチグマ」への圧力をかけることを意識した。

今回は、ピンポイントの役割として、ディンルー+水オーガポン受けに刺さる鬼火採用とした。鬼火で残飯回復を阻害しながら、火力で破壊することが出来る。

飛行テラスにすることで、挑発と合わせてディンルーやグライオンを完封することが出来る。

 

 

要点

ステルスロック+水オーガポン+エナジーハバタクカミ ++

S13の水オーガポン+ハバタクカミはステルスロックが合わさると凄まじいパワーを誇ることになるので、ステルスロックと初手の殴りを高いレベルで行えるディンルーとの組み合わせが強力であった。

積みをケアしたタイプ受けサイクル or+or

地面・水半減のアンコール+格闘・ドラゴン半減のポケモンの組み合わせが、禁止伝説が来るまでの環境における一つの最強の積み対策である。

選出圧力込みの補完

構築が5体で完結しているときは、細かい所に役割を持たせることに加え「適切な選出圧力を相手に与える」ことで少しでも勝ちやすくすることが重要である。

 

 

選出

基本選出 

ステルスロックと宿り木を絡めながら殴れる基本選出をスタンパを含め多くの試合で選出をしていた。

ステロor毒菱+積み(特にトドロクツキやサイコフィールドパ) 

ステルスロック,毒菱に耐性がある詰め方が出来るカイリューサーフゴーをディンルーと合わせることで、展開ミラーで差を付けやすい。特に、サイコフィールドパにはシーズンを通して全て勝つことが出来た。

 

ディンルー+水オーガポン受け @2

他のポケモンで崩せないこの並びには、鬼火イーユイを絡めたい。

 

その他は相手の構築に合わせて柔軟に選出する。

 

 

重いポケモン

パオジアン 

ディンルーを軸にしているため、レート差マッチングの際に絶対零度や氷柱落とし怯みである程度の期待値を取られるのがきつかった。ただ、これはマッチングも含めて確率が絡むものであり、ディンルーの役割を完全に代替出来るポケモンも存在しないので、このポケモンをきついと言うこと自体は最終日朝8時代に不運に見舞われたことからなる結果論とも言える。

トドロクツキ 

攻撃範囲の通りが良く、こちらからの遂行速度も遅いため「羽休め」で耐久されるため、とてもきつかった。イーユイの鬼火を当てる、カイリューサーフゴーのアンコールトリックを上手く展開する等して一応抗うことは出来るが、不利ではある。

 

結果

TNスカーレット 最終12位-2205 295-182

TNスカーレット 最終41位-2147 125-60

最後に

シーズンお疲れ様でした!

今期は構築の動き自体は環境にも合っており、そこは良かったのですが、最終盤の試合で流れに乗り切れず終わってしまいました。

ただ、S13の構築をレギュレーションを超えて綺麗にリメイクすることが出来、それがある程度綺麗な対戦・結果に繋げることは出来たのは良かったと思います。

これからも、様々な事を経験値にして広い視野を持って構築を組みたいと思います!

ここまで閲覧ありがとうございました!

最終日対戦動画

 

 

 

【S14最終9位.10位】雷鳴カミウーラ

こんにちは!シーズンお疲れ様でした。

今回はS14で使用した構築を紹介します!

並びは↓です!

それでは構築を紹介します!

 

 

 

 

ンセプト

・強いポケモンでブリジュラス入りへの全対応を目指す

・崩しと殴りの両立

構築経緯

眼鏡の火力orステルスロック、頑丈or持久力と型が分かりにくいブリジュラスに対して、汎用性を落とさずに対応することが出来る

炎オーガポン+ハバタクカミ+水ウーラオスを採用し、軸とした。

眼鏡ブリジュラスに上からワンパンされないポケモンのうち、炎オーガポンは「アンコール」を使えることから、「持久力・ステルスロック」にも耐性をつけられることが採用理由。襷がなくとも耐久に振ることで、元タイプの抜群のつかれにくさを活かして行動保証を得ることが出来る。

ハバタクカミは「ドラゴンの一貫を切れる」「持久力ブリジュラスを特殊で殴る」「エナジーで、選出の素早さを上げる」という唯一無二の性能を買って採用。

水ウーラオスも「持久力ブリジュラスに、格闘技or水流連打が強い」「格闘技が、ノーマルガチグマに強い」と替えが効かない。

また、ハバタクカミ+水ウーラオスは「ステルスロックがあまり痛くない」「攻めの相性が良い」ことが組み合わせとしての強みとなる。

次に、炎オーガポンを初手に出しにくい「ランドロス」「イーユイ」「ラティオス・タケルライコ」に出しやすい渦アンコ電磁波カイリューを採用。「対面操作耐性」「羽のリーチの伸び」を考えて食べ残し。

 

ここまでで、「受けループorキョジカイリュー崩し」「ドヒドイデ+ディンルー(ドヒドイデ単体も)」「イダイトウへの詰め」「トドロクツキへの詰め」

が主な課題だったので

眼鏡ステルスロックブリジュラス+襷零度パオジアンを採用。

ブリジュラスが、受けループとドヒドイデ単体とキョジカイリューとイダイトウに

パオジアンが、受けループとドヒドディンルーとトドロクツキ、イダイトウへの抵抗力となる。

構築が完成した。

 

(レンタル無いです)


個体紹介

*採用順

オーガポン@竈の面 型破り→面影宿し

テラスタイプ:炎

腕白185(236)-140-144(212)-*-116-138(60)

 

ツタ棍棒 ウッドホーン 岩石封じ アンコール

 

HB-陽気鉢巻水ウーラオスのテラス水流連打75.8%耐え

特化パオジアンの鉢巻悪テラス噛み砕く14/16耐え

特化カイリューの+1スケイルショット5発確定耐え

特化カイリューのスケイルショット+神速確定耐え

HD-特化ハバタクカミの眼鏡パワージェム確定耐え

198ガチグマのブラッドムーン+真空波82.8%耐え(特化は、59.4%耐え)

S-準速ブリジュラス抜き、-1最速テツノツツミ抜き

 

ポンの鬼。

テラスの有無に関わらず対面性能が高く、テラスの火力上昇や補助技で強引な崩しが出来るのが強み。また、物理アタッカーでありながらハバタクカミに強いタイプという点が唯一無二である。

草タイプと炎タイプの複合は「キノコの胞子」「宿り木の種」「鬼火」が無効であり、選出圧力も含めて構築の完成度を高めやすい。

HBに大きく割き、Sを準速ブリジュラス抜きにし、Sの遅いポケモンに刺さる「アンコール」とSの高いポケモンに刺さる「岩石封じ」を採用することで、初手に置いても裏においても機能する殴り駒にすることが出来た。

ハバタクカミ@ブーストエナジー 古代活性

テラスタイプ:電気

図太い162(252)-54(個体値0)-117(252)-155-155-156(4)

 

ムーンフォース 祟り目 挑発 電磁波

 

HB-特化

陽気水ウーラオスの水流連打+アクアジェット瀕死率6%(意地は82.1%) 

陽気水ウーラオスのテラス水流連打瀕死率3.8%(意地は70.9%)

特化カイリューの嘴テラバースト+アクアジェット瀕死率75.6% 

陽気パオジアンの氷柱落とし+氷の礫瀕死率13.5%(特化は74.2%)

HD-特化ガチグマのノーマルテラスブラッドムーン+真空波46.1%耐え 

特化ブリジュラスのラスターカノン確定耐え(〜138)

 

パラドックスの神。

基本的に2手目に投げて、Sを落とす「電磁波」と上から展開を止める「挑発」で有利展開を作ることを目指す。電磁波は特に炎オーガポンに対して「テラスタルを切られたら水ウーラオスで縛れる」「テラスタルを切られない場合は、ハバタクカミが攻撃を耐える」と五分以上の展開に出来るのが強かった。

電気テラスにすることで、ミラーの電磁波を拒否。エナジーハバタクカミはミラー意識以外ではSに振る必要があまり無いと考えていたので、HB特化にして耐久を最大まで高めた

この技構成は、1発の火力で殴るというより、技威力と行動回数でダメージレースで勝つものなので、耐久に振ることが噛み合っている。

 

水ウーラオス@パンチグローブ 不可視の拳

テラスタイプ:毒

意地195(156)-200(252)-133(100)-*-80-117

 

水流連打 ドレインパンチ アクアジェット 剣の舞

 

A-特化

HB-特化パオジアンの抜群テラバースト13/16耐え

HD-臆病テツノツツミのフリーズドライ11/16耐え

 

武道熊師。

パンチグローブにより裏目の無い「水流連打」「ドレインパンチ」と先制技の「アクアジェット」で殴るのが強いポケモン。アンコールや電磁波、挑発で起点を作り、「剣の舞」をすることで無敵になり、特別な要素(半減高耐久、天然、アンコール)以外は全て崩しながら殴り合うことが出来る。

パンチグローブ水ウーラオスの弱みとして「テラスタルが無いと、行動保障に乏しい」というものがあるが、今回の構築は他のポケモンが行動保障のためにテラスタルを必要とする場面が少ない上、「電磁波」のS操作や「アンコール・挑発」による展開でラスタルをせずとも強く動かす選択肢があったため、かなり解消出来ていたと感じた。

ASベースのパオジアンをワンパン出来る「A特化パンチグローブ」と、「A特化電気テラバースト耐え」を両立することで、テラスタルが無くともある程度パオジアンに強い駒として扱うことが出来、使いやすかった。

毒テラスは、ムーンフォースや格闘技、草技を半減にする、スタンミラーにおいて最も強い耐性変化だと思い採用。副産物として、毒を無効にすることも出来る。

 

カイリュー@食べ残し マルチスケイル

テラスタイプ:フェアリー

図太い197(244)-125(個体値0)-144(124)-121(4)-135(116)-103(20)

 

炎の渦 アンコール 電磁波 羽休め

 

HB-陽気パオジアンの氷柱落とし×3の瀕死率3.4%

HD-特化ガチグマのブラッドムーン×2が5.5%の乱数二発(=対面渦アンコで嵌めれる)

S-麻痺最速135族(ハバタクカミ、パオジアン)抜き

 

【S11最終1位】ディンカイサーフ極 - Origin Regression (hatenablog.com)

と同じ調整。

 

ラスタルの王。

構築に欲しい条件を満たしていたので、S11ぶりに採用。今期は麻痺が入った火力の高いドラゴン(ブリジュラス、ラティオス)の眼鏡流星群を「上から炎の渦+フェアリーテラス」で捕まえることが出来る強みが加わった。

また、環境に対面操作技を使う構築が多く、それらに対して「残飯+マルチスケイル」で要塞しながら「炎の渦+電磁波」で荒らしていくのが従来通り強い。具体的に、ランドロスに炎の渦を当てると、エナジーカミが通り、ハバタクカミやウーラオスに電磁波を当てると、祟り目の威力上昇と水ウーラオスのS補完になるので、こちらの裏のハバタクカミ、水ウーラオスと合わせて「ハバタクカミ+ランドロス+水ウーラオス」系統のサイクル構築に高い勝率を取ることが出来た。

 

ブリジュラス@拘り眼鏡 頑丈

テラスタイプ:ステラ

控えめ165-99(個体値0)-151(4)-194(252)-85-137(252)

 

流星群 ラスターカノン 波動弾 ステルスロック

 

C-特化

S-ぶっぱ

 

唯一のレギュFポケモン

構築経緯で前述した通り、「ステルスロックor火力」「持久力or頑丈」を選出画面で押し付けることが出来るのが強み。特に、カイリューミラーを破壊してくるスケイルショット型への圧力が凄まじく、渦アンコカイリューの初手と相性が良かった(全ケアする余裕が無いときにテラスタルを切らない立ち回りが通りやすい)。ただ、このあまりの型の分かりにくさはブリジュラス側から見ても対策方法が見えにくいため「噛み合わせられる」可能性が高いが、今回はそこを逆手にとって、構築の補完である「崩し枠」として採用。

「拘り眼鏡」と「ステルスロック」を両立することで、崩し力を最大化すると、頑丈+鋼で「地割れ」「毒」の一貫を切ることが出来る対受け最強のポケモンになる。アンコールカイリューと合わせてグライオンにも抵抗出来ることから、スタン構築できつくなりがちな受けループにもほとんど勝つことが出来た。

また、純粋に刺さっている構築には「頑丈」での行動保証からシンプルな対面駒としても選出することが出来る。

テラスタイプは頑丈と相性の良いステラ。対面性能を高めるのはもちろん、「流星群」の火力を上げることで構築で呼びやすいドヒドイデランドロスを想定外から大きく削る(ワンパン)出来るのが強かった。

 



パオジアン@気合いの襷 災いの剣

テラスタイプ:ゴースト

意地155-189(252)-101(4)-*-85-187(252)

 

氷柱落とし 鬱憤晴らし 氷の礫 絶対零度

 

A-特化

S-ぶっぱ


四災の鬼。

イダイトウやトドロクツキへの強さ、技範囲と「剣舞or絶対零度」で行動保証と崩しを両立出来ることが強み。

今回は、「絶対零度」を採用することで、ウーラオスが止まる天然(ヘイラッシャ)や水半減ポケモン(ドヒドイデ)を確率引っ掛けで崩せるようにしたが、対面選出をしながらドヒドイデを破壊出来るのが特に強いと感じた。また、「テラス前のグライオン」に強くありながら、他のポケモンの対応に追われて一撃技の対策枠出していない場合、受けループをかなり有利な確率で崩せるのも強み。

さらに、「S135からの火力のある氷柱落とし」の選出画面の圧力により、氷柱落としを打たれているだけで負ける選出をすることを半強制的に禁止出来るため、補完枠として採用することは理に適っていると感じた。

テラスタイプは、ドレインパンチと神速を意識してゴースト。

 

絶対零度パオジアンの考え方

あまり選出せずかつ無駄に打たず、「回復ソース持ちの崩せないポケモンへの崩し」「パオジアンの技範囲が通っている構築に対しての無理な展開の捲り」でのみ使用することが重要だと考えています。

理由は簡単で、絶対零度を採用した場合、残りは氷柱落とし+先制技@1の技構成になり、水ウーラオス・ミラー・サーフゴーのうち2体以上に完全不利を取ってしまうため、選出率を上げると勝率・立ち回りが安定しないからです。

逆に、上記のような打ち方は構築の強さを損なうことなく勝率を上げることが出来るので、ランクマッチでちゃんと上位を目指すに当たって理に適っていると思っています。一撃必殺はここを理解して打たない限り、ポケットモンスターのゲーム性を損なうような性能(ただの嚙み合い運ゲー)をしているので、ポケモンが上手くなりたいなら「ちゃんと考えて打つか、採用しない」のがおすすめです。

 

 

要点

初手+カミウーラ +

初手枠で有利展開を作り、ステルスロック耐性があり崩しと殴りを高いレベルで両立出来る「ハバタクカミ+ウーラオス」で詰めるのが強い。

選出画面でも構築にも噛み合う補完枠 

ステルスロック、氷柱落としの選出画面の圧力が助けになるブリジュラスとパオジアンで構築の穴を埋めることで、「6体として強い構築」を目指した。

 

選出

基本的には、ハバタクカミとウーラオスで詰めることを意識して選出していく。

受けループ→パオジアン+カイリュー+ブリジュラス

壁+トドロクツキ→カイリュー+パオジアン@1

雨構築→カイリュー+ブリジュラス@1

キラフロル入り→ハバタクカミorブリジュラス@2または後発ブリジュラス

 

重いポケモン

タケルライコ

電気の一貫を切っていないため、特に「ボルトチェンジ」と水ウーラオスに対する「迅雷」がきつかった。しかし、個体数が少なく迅雷択にも勝てたので結果的にはあまり問題は無かった。増加する場合は、パオジアンやブリジュラスの枠をガチグマに変えたり炎オーガポンにじゃれつくを採用するのが良いと思う。

ドヒドイデ

構築の多くのポケモンが止まってしまい、選出誘導に対しての噛み合いを拒否するのが難しかった。

 

結果

TNスカーレット 最終9位-2217 82-25

 

TNスカーレット 最終10位-2215 130-67

 

最後に

シーズンお疲れ様でした。今期は自分の中では構築・プレイ共にかなり高めることが出来、最終日前日に瞬間1位+3位+5位まで(軸は同じで並びはディンカイサーフオーガカミウーラ)、最終日の朝7時~8時20分には1位+2位をキープすることが出来る等、しっかりレートにも反映させることが出来て良かったと思います。

サブロムの8時30分からの試合で、氷柱落とし外し×火炎放射火傷による不利展開、渦アンコカイリューでのTOD絶対零度パオジアンでの捲りに20分かかってしまい、その間に1位から3勝していた2234のメインロムが3位まで落ちてしまい、結果的に最終1位までの時間が足りなくなりました。

ただ、自分は1シーズンの最終順位以上に、構築・プレイングの絶対的な実力を高める過程とその成果を大切にしているので、時間をかけてでも不利展開を掴みに行ったことに一つの後悔もありません。

これからもこのスタンスでポケモンそのものを楽しむことを忘れず、構築・プレイを高めた果てで流れが良いときに1位を目指そうと思います。

ここまで閲覧ありがとうございました。

最終日対戦動画

最終日対戦集です!深夜1時~の8時間全ての試合を上げていくので、是非見てみてください!

youtu.be