粉骨砕身シングルレート

主にポケモンのことについて書きます。シングルレートの構築や単体の考察等

【S16使用構築】メタメタリザマンダ 【最高2066最終2046、70位】

 

こんにちは!うわっきーと申す者です

構築記事は書かないつもりでしたが、最高レートを更新して、S17は別のポケモンを使うことにしたので公開させていただきます。

 

 

 

f:id:mega-salamance:20190906054538p:plain



 

以下常体

【構築経緯】

S14でメガルカリオ+ゴツメカバルドン+水Zエンペルトを使っていてとても感触が良かったことからこれをベースに組み始めることにした。S16ではメガゲンガー軸が増えていると思ったので、メガルカリオの代わりとしてランドロスを起点にメガゲンガー入りのサイクルを崩壊でき、地面の一貫を切れる身代わり地震メガボーマンダを採用。

ここまで、相手の受けを崩す手段に乏しく、ヒトムグロスヒレに勝てないので剣舞雷パンメガリザードンXを採用。

相手のキノガッサに対してボーマンダ先発を強制されるのを避けれてメガ枠と相性の良い襷キノガッサを入れ、これと相性の良いゴーストZミミッキュを入れた。

並びはこれで完成したが、色々と技や調整を変え、勝率が格段に上がり使用感が良かったので完成とした。

技や調整については個別に紹介する。

 

【個別解説】

f:id:mega-salamance:20190909053259g:plain

・陽気メガボーマンダ
181(84)-185(156)-158(60)-×(-111(4)-182(204↑
あばれる/じしん/みがわり/りゅうのまい
エース、サイクル要員
最初は僕が前に考えた
 

メガボーマンダ : ABSメガボーマンダ |ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

この調整で使用していた。

終盤にジャロゴーリに負けまくりこれではレートが上がらないと考えたのでジャローダを抜ける陽気に変更した。火力が下がり、相手のメガボーマンダポリゴン2がきつくなるが裏で崩せていたので陽気で良かったと思う。

HBラインをここまで上げる事でA252ランドの岩石を威嚇込みで身代わりが最高乱数を切って耐えるので身代わりがさらに強い技になった。

このポケモンのおかげでジャロゴーリクレセやランドギャラアーゴなどの展開構築にはほとんど勝つことができた。

暴れるはクレセリアカバルドン意識。ある程度削ったところでカバの欠伸に身代わりを合わせれば、暴れているだけで勝てる。

エンペルトと非常に相性が良い。

 

f:id:mega-salamance:20190909053219g:plain 

・控えめエンペルト@ミズZ

191(252)-×-109(4)-154(68↑)-138(132)-87(52)

ハイドロポンプ/ラスターカノン/身代わり/あくび

サイクル要員

調整は無振りのメガリザードンXメガゲンガーをZで一撃。ついでにラスカでCSレヒレ確定3発

Hにぶっぱして4振りブラッキーや同族を意識した。

最初はステロあくびドロポンほえるで使っていたが、挑発レヒレに負荷が全くかからずに負けてしまうのでラスターカノンをステロとチェンジ。

ほえるはあまり使わなかったので試しに身代わりに変えたところこれがめちゃくちゃ強かった。

あくびと身代わりの相性はとても良く、身代わりをドヒドイデなどに使った後あくびを打つことで受けサイクルを簡単に崩すことができる。

ついでにギルガルドなど鋼にほとんど勝てるようになり、対面性能が飛躍的に上がったので選出の幅を広げることができた。

後述の剣舞メガリザードンXの存在もあり、個人的に苦手な受けループや受けサイクルによい勝率を保つことができた。

エンペルトは耐性が優秀で技範囲を広げたりあくびで崩したりできるのでとても強いポケモンだと思った。

19後半で身代わりテッカグヤに対してドロポンを7発全て当てた、最強。

今回のMVP

 

 

f:id:mega-salamance:20190909053049g:plain

・わんぱくカバルドン@ゴツメ

HB

地震 こおりのきば なまける ステロ

サイクル要員

ゴツメと砂で相手を削れるのがやっぱ強い。

技構成はかなり悩んでいたが、地震 こおりのきば なまけるは物理受けとしてはの役割を果たすため確定としては残り一つをあくびとステロの両方を使っていた。

あくびを切ってステロを入れたのはレヒレが多すぎてあくびを打てない。また、レヒレに対してはエンペルトに引けるので初手から出した時に有利対面を取れたら負荷をかけれるステロを使うことにした。

ステロはメガボーマンダの火力補助、サイクルしているだけで相手が削れるのが強かった。エンペのあくびで相手に眠りかダメの択をとらせることができるのも優秀なところ。

エンペのおかげでゴツメカバルドンを初手に出せるのはかなり強いと思った。砂のおかげでエンペがレヒレに打ち勝ちやすくなる。

 

f:id:mega-salamance:20190909023916g:plain

・意地メガリザードンX

169(124)-182(124↑)-132(4)-×-106(4)-152(252)

フレアドライブ ニトチャ 剣舞 げきりん

最初は雷パンチ持ちの陽気ASで使っていたが、スカーフテテフのサイキネで落とされる、岩石グロスに勝てない、ミミッキュに勝てない等の理由で調整と技を変更した。

ヒレやギャラがきつくなったが、レヒレはエンペが強く、ギャラはキノガッサが強いため雷パンチが無くてもあまり困らなかった。

ヒトムグロスヒレはレヒレから入って来なければどれかを崩せるので勝てる。

初手レヒレミミッキュに引くのもあり。

耐久のあるリザXは色んなポケモンに対面勝てるようになるため使いやすかった。

エンペルトのあくびなどと合わせて剣舞することで受けを崩せる。

 

 

f:id:mega-salamance:20190909053111g:plain

・意地ミミッキュ@ゴーストZ

AS

じゃれ 剣舞 シャドークロー かげうち

対面選出の駒、ストッパーとして採用。

ゴーストZの通りはかなり良いため抜き性能が高くて強かった。

ASは相手のミミッキュやレヒレ等を意識。

ゴーストZは主にリザードンに対して打つため、鋼入りに対してZで崩せばキノガッサを通すこともできる。

耐久が欲しくなる時もあるので調整は要検討

 

 

f:id:mega-salamance:20190909053057g:plain

・陽気キノガッサ@襷

AS

ほうし マッパ タネガン 岩石封じ

最初は意地剣舞で使っていたが、陽気の岩石持ちにすることでリザグロスミミガッサにほぼ勝てるようになることに気づき、変えた。

受けサイクルにはエンペとリザXがかなり強いため、剣舞がなくてもそんなに困ることはなかった。強いて言えばポイヒガッサとクチートがきつくなったぐらい。

 

 

【構築について】

流行の構築に対してあらかじめ選出をある程度決めれるように構築を組んだ。

つまりメタを貼ることを意識した(構築名)

 

・リザグロスミミガッサ→ガッサリザミミッキュ

ガッサが陽気の岩石もちなのでかなり有利に立ち回れる。リザがこれを意識した調整なので初手グロスリザでひるまされなければほぼ勝てる。カバ入りにはエンペを投げると破壊できる

 

・カバマンダガルド@3→カバエンペマンダ

ヒレやゲコなどが入っていてもカバルドンを先発で出して良い。

エンペに引けば砂と合わせて有利に戦える。

エンペの通りが良いのであくびとZをうまく絡めて一体倒す。

初手カバルドンで出し勝ちしてステロを撒けばかなりの確率で勝てた。

両刀ボーマンダだと思ったらカバルドンから投げてステロを撒き、メガボーマンダで舞うルート

 

・ガルランドゲコ→カバエンペマンダ(リザ)

立ち回りは対カバマンダガルドと似ている。ランドがきついのでカバルドンのこおりのきばで削りたい。デンジュモクは起点になるポケモンがいないので全抜きはされないが、一体はほぼ持っていかれるのできつい。

 

・襷ランド@2、ジャロゴーリ@1→マンダエンペ@1

@2は襷ランドの方はストッパー

ジャロゴーリはキノガッサを出したい(ゴーリにマッパを打つため)

 

今回はやはり、レヒレが多い環境でカバルドンを出すすべを見つけることができたのが大きい。

 

 

【重いポケモン

・催眠ゲンガー

初手で来やすい。6割×2/3でゲームエンド

ヒートロトム、サンダー入り

カバエンペがきつい。対面選出するとグロスにやられやすいので相手の選出を読み切らないときつい。ボルチェンがとてもきつい。

ボルトロスは耐久が低めなのでまだ楽

・ポイヒガッサ

今シーズンレートが上がらなかった原因間違いなくこいつ。

僕は初手でキノガッサを置きやすいのでガッサを合わせられ、剣舞がないため一体は持ってかれる。

ほうしと岩石の存在のせいでリザ、マンダに引くタイミングが難しすぎる。

しかも前まであまり見なかったのに今シーズンのキノガッサは1:4ぐらいでポイヒだった。

メガゲンガーと相性が良く、メガゲンガーが多いから流行ったと思われる。

 

 

【最後に】

最高レートを50以上あげれたのでとても嬉しいです。(2011だった)

最終日に朝まで潜ったのは初めてで、この時間帯に2000以上で戦えるのは新鮮でした。僕はおそらく剣盾は受験が終わるまで買わないし、S17が最終シーズンなのである程度潜りたいです。

眠すぎてプレミが多かったので次は昼寝をしっかりしたいです。

ここまで長めの文章でしたが、読んでくれてありがとうございました!

 

TNmoonです

 

一応ツイッターやってます。

@UwakkiPoke

 

f:id:mega-salamance:20190906043322p:plain

 
 
 
 

麻痺グロパングロス調整案

意地 H252 A116 B84 D4 S52

HB→197グロス地震を84%で2耐え

HD→メガゲンガーのシャドボ耐え

A→11n、特化カバルドンに対して、グロパン最低ダメージからの+1アイへ×2で92.6%で落とせる。

S→最速ジャローダ抜きのメガボーマンダが竜舞して麻痺したのを抜ける。

準速レヒレと同速つまり、準速レヒレが抜けるポケモンは抜ける。

 

2019年10月12日(土)

8時に起きる

ガブリアスの新しい型を思いつく

調整を考える

昼食

レート潜る上がる

 

まさかとたにぽけかっぷ決勝まで進む

決勝で負ける

しかし、嬉しい

台風やむ

嬉しい

おわり

今日の最強はこいつでした

新しい次元が見えた気がします

選出について

ポケモン対戦の事がちょっとだけわかりました

f:id:mega-salamance:20190909053111g:plain

f:id:mega-salamance:20191012235001j:plain

 

主観メタグロス軸の取り巻きの選択肢まとめ

f:id:mega-salamance:20191011000303g:plain

自分用

欲しい要素

両リザ対策、マンダへのクッション、ガルドを削るor崩す、テッカグヤ絡みを破壊する、カバルドンあくび、ストッパー(対面)、一貫切り(地面、電気など)

 

【地面切り】

f:id:mega-salamance:20191010231414p:plainf:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010233042p:plainf:id:mega-salamance:20191010233057p:plainf:id:mega-salamance:20191010233109p:plainf:id:mega-salamance:20191010233031p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233122p:plainf:id:mega-salamance:20191010233225p:plainf:id:mega-salamance:20191010233312p:plainf:id:mega-salamance:20191010233853p:plainf:id:mega-salamance:20191010234755p:plain

【電気切り】

f:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233122p:plainf:id:mega-salamance:20191010233231p:plainf:id:mega-salamance:20191010233343p:plainf:id:mega-salamance:20191010233548p:plainf:id:mega-salamance:20191010233553p:plain

【水切り】

f:id:mega-salamance:20191010233109p:plainf:id:mega-salamance:20191010233225p:plainf:id:mega-salamance:20191010233332p:plainf:id:mega-salamance:20191010233526p:plainf:id:mega-salamance:20191010233605p:plainf:id:mega-salamance:20191010233559p:plainf:id:mega-salamance:20191010233627p:plainf:id:mega-salamance:20191010233636p:plainf:id:mega-salamance:20191010233645p:plainf:id:mega-salamance:20191010233700p:plainf:id:mega-salamance:20191010233853p:plainf:id:mega-salamance:20191010234755p:plainf:id:mega-salamance:20191010233350p:plain

【ガルド崩し】(シャドボが有効打にならないポケで)

f:id:mega-salamance:20191010233212p:plainf:id:mega-salamance:20191010233420p:plainf:id:mega-salamance:20191010233358p:plainf:id:mega-salamance:20191010233312p:plainf:id:mega-salamance:20191010233225p:plainf:id:mega-salamance:20191010233231p:plainf:id:mega-salamance:20191010233241p:plainf:id:mega-salamance:20191010233252p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plain

【リザへ抗える】

f:id:mega-salamance:20191010234755p:plainf:id:mega-salamance:20191010233645p:plainf:id:mega-salamance:20191010233636p:plainf:id:mega-salamance:20191010233627p:plainf:id:mega-salamance:20191010233605p:plainf:id:mega-salamance:20191010233559p:plainf:id:mega-salamance:20191010233448p:plainf:id:mega-salamance:20191010233358p:plainf:id:mega-salamance:20191010233420p:plainf:id:mega-salamance:20191010233343p:plainf:id:mega-salamance:20191010233350p:plainf:id:mega-salamance:20191010233300p:plainf:id:mega-salamance:20191010233225p:plainf:id:mega-salamance:20191010233212p:plainf:id:mega-salamance:20191010233057p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233042p:plainf:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010231414p:plain

テッカグヤ絡み】

f:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010231414p:plainf:id:mega-salamance:20191010233057p:plainf:id:mega-salamance:20191010233042p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233109p:plainf:id:mega-salamance:20191010233212p:plainf:id:mega-salamance:20191010233350p:plainf:id:mega-salamance:20191010233420p:plainf:id:mega-salamance:20191010233519p:plainf:id:mega-salamance:20191010233605p:plainf:id:mega-salamance:20191010233853p:plainf:id:mega-salamance:20191010233300p:plainf:id:mega-salamance:20191010233350p:plain

【マンダへのクッション】

f:id:mega-salamance:20191010231414p:plainf:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010233031p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233042p:plainf:id:mega-salamance:20191010233057p:plainf:id:mega-salamance:20191010233109p:plainf:id:mega-salamance:20191010233312p:plainf:id:mega-salamance:20191010233241p:plainf:id:mega-salamance:20191010233358p:plainf:id:mega-salamance:20191010233548p:plainf:id:mega-salamance:20191010233605p:plainf:id:mega-salamance:20191010233627p:plainf:id:mega-salamance:20191010234755p:plainf:id:mega-salamance:20191010233538p:plain

カバルドン】(地面切と似ているが少し違うと思う)

f:id:mega-salamance:20191010231414p:plainf:id:mega-salamance:20191010232957p:plainf:id:mega-salamance:20191010233013p:plainf:id:mega-salamance:20191010233122p:plainf:id:mega-salamance:20191010233109p:plainf:id:mega-salamance:20191010233057p:plainf:id:mega-salamance:20191010233225p:plainf:id:mega-salamance:20191010233212p:plainf:id:mega-salamance:20191010233332p:plainf:id:mega-salamance:20191010233853p:plainf:id:mega-salamance:20191010234755p:plainf:id:mega-salamance:20191010233645p:plainf:id:mega-salamance:20191010233636p:plainf:id:mega-salamance:20191010233605p:plainf:id:mega-salamance:20191010233559p:plainf:id:mega-salamance:20191010233526p:plainf:id:mega-salamance:20191010233343p:plainf:id:mega-salamance:20191010233322p:plainf:id:mega-salamance:20191010233031p:plain

【対面、便利屋】

f:id:mega-salamance:20191010233526p:plainf:id:mega-salamance:20191010233343p:plainf:id:mega-salamance:20191010233322p:plainf:id:mega-salamance:20191010233212p:plainf:id:mega-salamance:20191010233200p:plain

 

1メガだと基本この中から5体選ぶ。

いくつもの役割を持てるポケモンもいるので、グロスの技構成的にきついところを重複させたりすると強い。

並びを強く組めれば、カスタマイズしていけば勝てるので、この選択を大切にしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガメタグロス初心者の不満と改善

僕は今期初めてメガメタグロス1メガの構築を使っています。

しかし、メガメタグロスは通すのが非常に難しいと思いました。

例えば、メガボーマンダは竜舞+捨て身のでステロを撒いたり、少し削るだけでとても通りがよくなります。

それに比べてメガメタグロスに足りないのは、Sと火力と等倍範囲です。

メガを通すサイクルの方が相手に火力を押し付けれるので、追加効果などで、運負けしづらいです。

 

メガメタグロスを通すことを考えると、一致技の思念の頭突き、バレットは欲しいです。一致技だと、等倍で入れば通せるからです。たとえば、メガボーマンダは対面でレヒレに不利ですが、飛行技が等倍で入るので、崩しやすいです。

ヒトムやミトムに通り等倍範囲が広いため、思念は必須だと思います。 

思念バレットできついのが、カバポリ2クレセ、ガルドカグヤドランナットクチートハッサムツルギ、ゲコバンギサザンなど

これらに対しては思念バレットではなかなか通せないです。

一方メガボーマンダの飛行+地面の等倍範囲でどちらも通らないのが、鋼飛行と電気飛行だけです。そして、電気飛行はステロが等倍で通る。なので、メガボーマンダは通しやすいです。

 

だかといってメガメタグロスメガボーマンダより弱いとはいえないです。

なぜかというと、メガメタグロスは強いサブウェポンを多く覚えるからです。

メガボーマンダは炎技、岩技、竜技くらいしか候補がないですが、メガメタグロス

電気、地面、格闘、氷、草、岩技を覚えるので、通る構築には簡単に通すことができます。

なので、できるだけメガメタグロスが相手にしやすいポケモンが多くなる技構成にして、無理な部分を崩せるようにすれば、グロス構築は安定した勝率を得ることができると思いました。

 

実際に何の技を採用するか、第一候補は地面技でしょうか。

地面は鋼に通りが良いです。

次に選ぶ技は味方次第です。

ヒレを入れるならアームハンマー、入れないならレンチかグンチが良いと思います。

ヒレを入れるかについてですが、レヒレをいれると、ほぼランドヒトムが確定となりますね。すると、こいつらは覚える技の範囲が意外と狭いので、メガメタグロスを通す意味では、そんなに相性が良くないと思います。

なので、「メガメタグロスを通す」構築においてはレヒレを入れずにカバルドンを崩すというとても難しいことに陥ります。

そこで、思いついたのは、挑発ボルトです。

逆に他にいますか?いると思いますが、グロスと一番合っているのはこいつなのかもしれません。

で、挑発を入れたる前に、流し側にあくびを入れられると厳しいですね。

なので、持ち物や技であくび対策をすることが必要。

あとははたきをカバルドンナットレイを呼びつつ打てるポケモン

どうしてもきつくなるのがテッカグヤ、ムドー、ハッサム、ツルギなど。

こいつらに対して強くて、サイクル破壊能力が高いポケモンを入れないといけないです。

 

メガメタグロスの調整は、Sを153まで伸ばして、ステロを入れるか、s168以上にして、両リザ対策を入れるしかない

これ以上減らしても勝てる構築を作れるならSを削って、耐久に振った方が絶対に強い。僕はメガメタグロスの耐久を舐めていました。こいつは想像以上に耐久があります。耐久に振ると思わぬ技を耐えたり、2耐えしたりします。

あと、メガメタグロスよりも遅いポケモンに対してさらに強くなります。

元々S種族値が高いので、早いポケモンのケアが効くなら、耐久にがっつり振ることで、有象無象のポケモンに対して、殴り勝ちできます。

僕はこれがメガメタグロスの一番の強みだと思います。ので、味方を上手くはめ込んで、耐久に振れるようにしたいです。

 

こいつは構築作るの難しいけど、面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性のある強い構築を組むには

多分普通の構築の組み方です。それを文字にするだけです。

自分のメモとしても書きます。

【前書き】

僕は、USUMのシーズン9から、ポケモンのレートを始めました。

始めた頃は我武者羅にやって、1600や1700に到達して楽しんでいました。

僕は「ぽけっとふぁんくしょん」や「ポケモンバトルデータベース」の存在を知らなくて、学校の友達とのフレ戦で、アドバイスし合って構築を組んでいました。

しかし、この方法では上振れて18後半に行くくらいで、レートはそこまで伸びませんでした。

そしてシーズン13に、「ぽけっとふぁんくしょん」の存在を知ります。そこで、上位の構築がまとめられていて、とても驚きました。

僕はすぐに全く同じ調整、同じポケモンを育成して構築を作りました。この時、僕は

やんこさんの「マンマンガルド」を使いました。

1900程度までは上がりましたが、そこから停滞しました。同じ構築で勝てないのは、プレイングの問題もあります。でも、ずっと同じ構築を使って最善を尽くしてるつもりでも、レートはそんなに上がりませんでした。

そこで「環境の変化」がどういう意味を持つのか、をある程度理解することができました。

全く同じ調整、ポケモンでは勝ちにくいようになっているということです。

そこで、今度は自分が上位で多い構築を対策すれば勝てるのではないか?と考えました。

そして、当時上位で多かった「ガルランドゲコミミガルド」「ヒトムレヒレランドグロス」に強く出れる「めざ氷バシャサンダーナット」を使いレート2000を始めて達成できました。

相手の構築が何をしてくるか、当時の僕はあまりわかりませんでした。

それでも、多い構築に全て勝てたので、レートが上がりました。

次のシーズンもマンマンガルドを自分の使いやすいように、取り巻きも含めて変えて、レート2000を達成できました。

2つの構築も、両方とも同じ組み方です。それを紹介します。

 

【組み方】

まず、ある程度勝てる構築でレートで多いポケモンが何かを調査します。

レート1800以上くらいでないと、環境といえるものが何かはっきりとわからないからです。

そして、環境に多い構築、組み合わせを見つけたらそれらに強く出れる基本選出を探します。そして、残りで補完していく。これだけです。

実際は自分で環境に多いものを見つけても、それらに強く出れる3体を見つけるのは意外と難しいと思います。僕も結構時間かかります。

ですが、僕はプレイングにそんなに自信が無いので、構築段階で有利を取りたいので、0から組んでいます。

前期の僕の構築もこの組み方で組んだので例としし紹介します。

 

 

【例】

シーズン16時点で

前期(シーズン15)に多かったのは、グロスポリグライドヒド、カバマンダガルドレヒレ、受けループ

単体だとテッカグヤが多かったと思いました。

 

まず有限であるグロスに対して受けながら削れるゴツメカバルドンが強いと思いここから組みました。

カバルドンがきついのが、レヒレテッカグヤ

当時のレヒレは瞑想多く、ほえるステロエンペルトで削っていくのが強いと思い、残飯で採用しました。そして、カバルドンエンペルトで受け回して削り、エースを通すのを基本選出としました。

この2体だと、グライオンがかなり厳しいので、グライオンに強くて、環境に技の通りが良い竜舞メガボーマンダにしました。

基本選出は決まりました。次に、受けループを対策する必要性とヒトムレヒレグロスに勝てない(ヒトムに勝てない)ので、どちらにも強いポケモンメガリザードンXなので、採用。ヒトムレヒレグロスに勝ちたかったので、A特化剣舞ニトチャカンチにしましたが、かなり活躍しました。

ここまでで、色々な積みアタッカーがきつすぎるので、さらに2メガだったので対面選出をできるようにした方が強いと思い、ミミガッサを入れ、完成です。

 

 

【好きなポケモンをいれたい】

こんな感じで組むと、すでにある並びを使わなくても、自分で好きなように組み始めることができます。

始点を変えると、構築色はかなり変わるので、自分が使いたいポケモンを使えるはずです。

例えば同じグロス削りでも、クレセリアエアームドを採用するって感じです。

そもそものメタの始点を変えてもかなり構築の色は変わります。

グロスでなく、レヒレに強いポケモンから組むっていう感じです。

 

実際に勝とうと思ったら、全部好きなポケモンで組むっていうのは難しいかもしれませんが、ある程度は組み込めると思います。

 

オリジナルな並びを作りたい人は参考にしてみてください。

自分が好きなポケモンを入れてレートをやる方が楽しいと思います。

ちなみに、僕の前期のメンバーに関して言うと、カバルドン以外のポケモンは対戦とか関係なく、見た目や鳴き声などが好きです。

カバルドン以外は全て色違いでやりました。(新規はエンペルトキノガッサのみ)

 

f:id:mega-salamance:20190909053219g:plain

 

 

長文読んでいただきありがとうございました!

ラストシーズンも剣盾(僕は3月くらいからやります)も楽しみましょう!

色コケコ4体もらえるから早く使いたいなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初手不利対面、催眠術を押すメガゲンガーを使ってる人、もうちょっと考えて構築を組んでください。

6割で負けの戦いを何回もやると、レートは収束して上がりません。当てて勝ったところで、いつか自分の中で勝率は収束するから、その素催眠は自分にもメリットがなく、当てられた人はレートが下がり、避けた人はレートが上がる。

こんな事をしていると、本当に強い人、構築が勝てないすなわち、上位のレベルが下がります。

誰にもメリットがなく、ポケモンレート界を衰退させている行為です。不利対面は引けるように、もしくは攻撃技を押して削ってケアが効くようにしましょう。その方が自分のレートも上がるはずです。

 

 

 

 

 

おわり 

 

 

絶対催眠ジバコゲンガー

f:id:mega-salamance:20190915051552g:plainf:id:mega-salamance:20191008223518g:plain

面白くて、まあまあ強そうな構築の草案を思いつきました。

 

まずは型紹介から

 

ジバコイル@イバンのみ CS252 H個体値28~29

特性:頑丈

144-×-115-200-110-112

H :4n(カプz意識)

C:特化

S:無振り91族まで抜ける

 

技構成: 重力 十万ボルト ラスカ  @1(めざ氷、めざ炎、電磁波など)

十万ボルトは放電や電磁砲でも良いと思う。電磁砲の場合メガボーマンダなどに地震→重力→電磁砲の流れができるので、竜舞のケアになる

 

メガゲンガー CS

催眠 身代わり たたりめ ヘドウェ

 

【動き方】

初手ジバコイルから展開

相手を削ってから重力を打つ。

死に出しでメガゲンガーを出して、催眠を当てて、身代わりを残して突破する。

ここで、最速起きされなければ、重力のターンはまだ残ってるので、催眠を打って2体目も倒す。

ラス一に対面性能の高いポケモンを置いてスイープ。

Z、襷が余ってるので、ラストに置くポケモンの選択肢は多い

 

【弱点】

・コケコ、レヒレのフィールド

催眠が無効化される。メガゲンガーは催眠がないと、勝てるポケモンが少ないので厳しい

カバルドン

あくびで時間を稼がれる。他にもジバコイルをちまちま削ってくるポケモンはきひ

・超火力先制技やスカーフ

例えば、鉢巻ギルガルドなんかはかげうちで一発でやられる。コケコのボルチェンからスカーフランドにつなぐ動きをされるとおわり

・ゲンガーが催眠を当てても倒せないポケモン

ラッキー、バンギなど

あんまりいない

 

【おもいついた経緯】

催眠ゲンガーを使われて、当たって最速起きしないと負けに直結しやすく、当たったら強いと思ったから。

そして、重力を覚える頑丈で、一番使いやすいポケモンジバコイルだと思ったから。ランドロスでいいじゃん!とはならない

特殊なので、威嚇の影響を受けないため、ランドよりも打ち合い自体に強いから。

ランドと違い、起点回避技が無いが、電気技の通りは環境的によく、多くのポケモンに負荷をかけながら重力展開できる。

 

 

面白いと思ったら使ってみてね

 

 

 

 

 

 

 

 

理論的最強タイプ研究

どんなポケモンが強くなるのか気になった。

その研究の一環として、タイプ相性を受けと攻めで順に並べてみた

無効は()内、()外の数字は無効+半減

攻めの半減と受けの抜群は数値が低い方から並べる

 

【攻め】

『攻め抜群数』

格 5

地 5

-------------------------

炎 4

氷 4

岩 4

-------------------------

水 3

草 3

飛 3

虫 3

鋼 3

妖 3

-------------------------

電 2

毒 2

超 2

霊 2

悪 2

-------------------------

竜 1

-------------------------

ノ 0

 

『攻め半減、無効数』

霊 2(1)

竜 2(1)

-------------------------

水 3

飛 3

岩 3

悪 3

妖 3

ノ 3(1)

地 3(1)

超 3(1)

-------------------------

炎 4

氷 4

鋼 4

電 4(1)

-------------------------

毒 5(1)

-------------------------

格 6(1)

-------------------------

草 7

虫 7

-------------------------

 

『攻めの総合値』

攻撃相性総合値A=(抜群数)-(半減数)-(無効数)×1.5

1.5の理由は半減2の方が無効1より強くて(主観)、半減1より無効1の方が強いから

 

地 1.5

-------------------------

岩 1.0

-------------------------

炎 0

水 0

氷 0

飛 0

妖 0

-------------------------

霊 -0.5

-------------------------

悪 -1.0

鋼 -1.0

-------------------------

格 -1.5

超 -1.5

竜 -1.5

-------------------------

電 -2.5

-------------------------

ノ -3.5

毒 -3.5

-------------------------

草 -4.0

虫 -4.0

 

【受け】

『受け半減、無効数』

鋼 11(1)

-------------------------

炎 6

-------------------------

毒 5

-------------------------

霊 4(2)

妖 4(1)

飛 4(1)

水 4

草 4

岩 4

竜 4

-------------------------

地 3(1)

悪 3(1)

電 3

格 3

虫 3

-------------------------

超 2

-------------------------

ノ1(1)

氷 1

 

『受け抜群数』

ノ 1

電 1

-------------------------

水 2

毒 2

霊 2

妖 2

-------------------------

炎 3

格 3

地 3

飛 3

超 3

虫 3

竜 3

悪 3

鋼 3

-------------------------

氷 4

-------------------------

草 5

岩 5

 

『受けの総合値』

防御相性総合値B=(半減数)+(無効数)×1.5−(抜群数)

 

鋼 8.5

-------------------------

炎 3.0

毒 3.0

霊 3.0

-------------------------

妖 2.5

-------------------------

水 2.0

電 2.0

-------------------------

飛 1.5

-------------------------

竜 1.0

-------------------------

ノ 0.5

地 0.5

悪 0.5

-------------------------

格 0

虫 0

-------------------------

草 -1.0

超 -1.0

岩 -1.0

-------------------------

氷 -3.0

 

【タイプ総合値】

A+Bのランキング

これが総合的に最強のタイプを示す

1位 鋼 7.5

2位 炎 3.0

3位 霊 妖 2.5

4位 水 地面 2.0

5位 飛 1.5

6位 岩 0

7位 電 毒 竜 悪 -0.5

8位 格 -1.5

9位 超 -2.5

10位 ノ 氷 -3.0

11位 虫 -4.0

ドベ 草 -5.0

 

【まとめ】

ポケモンで一番強いのはゴキブリだった!!

f:id:mega-salamance:20191003151256g:plain

…鋼・毒の複合はまだ出ていないですが、よほど種族値が低かったりしなければすぐに環境入りしそうですね。受けループがもっと強くなってしまう。

あとは炎・妖はまだいないので、楽しみですね。

複合タイプは18C2=153種類あるので、まだ出ていないのも多そうです。

剣盾でほ電気悪の悪いピカチュウみたいなポケモンがいましたよね

 

・実際、総合の上の方のタイプは環境に多いですよね。そういう観点から構築を組むのもいいと思いました。

 

間違っていたり、意見があったら教えてください

 

おわり